WordPressプラグインAdManを知らないとサイト収益は激減する。

こんばんは。
今日はブログ・サイトの運営に不可欠な
超おすすめWordPressプラグインを紹介します!

それは、
「AdMan」。

全記事に
一括で、同じ文章を入れられるというWordPressプラグインです。

これ感動しました。
大幅に時短が出来た上、
収益性UPにもつながったツールです。
さっそく紹介していきましょう。

WordPressブログに不可欠なAdManの基本機能

入れられる位置は、

・WordPressサイト・ブログトップページの先頭
・記事本文の上、
・記事本文の途中、
・記事本文の下。

とはいえ、
・WordPressサイト・ブログトップページの先頭と
・記事本文の途中に入れる機能は
かなり使いにくい(好きな位置に入れることができない)
ので、

実質、

・記事本文の上 ・記事本文の下
このどちらかに
文章を自動挿入したいときに使ってます。

私は
これがなかったら死にます。

 

Admanの活用方法

Admanをどうやって使うかというと、

AdSense等の
広告を載せて、
サイトアフィリエイトをしたり、

あるいは
メルマガ登録フォームを
全記事の下においたり。

もちろんこのサイトでも使っていますし、
私が運営している全WordPressブログ・サイトで活用してます。

使い方はカンタン!

3分で設定できるAdManの使い方

1.WordPressの無料プラグイン「AdMan」をインストールする

2.WordPress管理画面のサイドバー「設定」→「AdMan」をクリック

スクリーンショット 2015-08-31 1.43.48

3.これがAdManの設定画面です。超シンプル。

スクリーンショット 2015-08-31 1.44.14

この空欄のどこかに、
全記事に共通して入れたい文言(Google AdSense等の広告のコードや、メルマガ登録フォームなど)を
入れるだけ。

それぞれ、

◎記事本文の前(タイトルの下)に共通の文言(広告)を挿入したい時
Ad-Code to appear before your post content:→この空欄に入れてUpdate Optionsをクリック
◎記事本文の後(タイトルの下)に共通の文言(広告)を挿入したい時
Ad-Code to appear after your post content :→この空欄に入れてUpdate Optionsをクリック
これだけ。
超簡単。

(これで広告が入れられない人は、Ad-Unitsというプラグインで
広告を短縮してから入れてみてください)

以前はこの苦労を惜しんで
全部のブログ記事に
いちいち同じテンプレート文章を書いていたので、
すっごく大変でした。

ツールにできることはツールに任せる、これ大事。

 
たとえばこのAdManでできる、
全記事に同じ文章を入れる作業、
もし自分でやったら、
これまでの記事全部(全サイト含めて何百、何千記事)にいちいち入れていくわけですよ、

編集ボタンを押して、
定型文コピーして、ペーストして、保存して…

時間がもったいない!!

ということでAdManはさくっと導入しておくと役立つと思います。

AdManインストールはこちら(最新版はWordPressのプラグイン追加画面から確認して下さいね)
AdMan

ちなみに
このメルマガ登録フォーム
Admanを使ってます。

いい感じ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です