どうもこんにちは、
渡辺まみです。


今日はずっと乗ってみたかったUBER(ウーバー)に
初めて乗ってきました!


FullSizeRender 23


いやーめちゃめちゃ、楽しかったです。
久々にはっちゃけました。


UBERというのは、
カンタンに言ってしまえば、
タクシーみたいなものです。


UBERというのは米国発のサービスで、
米国では、一般個人がUBERの運転手に登録すると、
自分の車でタクシーのようなサービスをできるのです。


本来はタクシーの運転手ではない、
普通の主婦や、サラリーマンが
片手間に家の車にお客を乗せてお金を稼げるわけです。


最初に聞いた時は、
「???」となりました。
ピンとこなかったです。


ですが、UBERを今日使ってみて、
「こりゃ、やばいわ」と思い知らされました。


既存のタクシー運転手はやばいだろうな。

いや、タクシーに限らない。
ホテルマンだってやばいし、
家具家電メーカーだってやばい。


UBERのせいで仕事を奪われて追い詰められる人が
これからでてくるかもしれない。


それくらい、恐ろしい黒船がやってきたなぁと、
つくづく思いましたね。



ちなみによく勘違いされるのですが、
私がのった日本版のUBERは、白タク禁止の法律を守るため、
本場米国のUBERとはちょっとだけ違う仕組みになってます。


日本では、私のような個人が自家用車でUBERの運転手になるのは、
規制があるために法律上できないのです。
タクシーを個人でやれないわけです。


法律があるにもかかわらず、
なぜUBERが日本で成り立ってるか?というと、
法律を守った上で、かわりの仕組みを作ってるからです。


具体的には、
UBERがハイヤー会社等と契約していて、
そのハイヤー会社の人が、規定の車で迎えに来てくれます。


米国UBER→個人が自分の車で他人を乗っける
日本版UBER→ハイヤー会社の人が他人を乗っける


というように、
少し日本版UBERは本家UBERからは遅れています。


つまり、
まだUBERの本領が日本では発揮されてないわけです。


ですが、これからUBERも規制(というか主に国交省)と戦って、
本格的に運用されるようになるでしょう。
安倍総理も応援するようですし。


今後はじまる本格運用の前に、
テスト的に実施されてるのが今の日本版UBERといったところでしょうか。


今乗っておけば、
数年後くらいにUBERが当たり前の世の中になったとき、
「初期のころ乗ったんだけど、昔と比べてUBERも変わったなぁ〜」
などと自慢できるかもしれませんね笑



さて、乗った感想ですが、


現状の日本版UBERでも、十分今のタクシーより便利でした!!
既存のタクシーとは一線を画していました。


UBER便利すぎて、
もはやタクシー乗れないレベルです。



だって、
1.アプリ立ち上げて、
2.現在地と目的地を入れて、
3.ピッてしたら、近くのUBERが自分の目の前にやってくるんです。


ぱっぱっぱですよ。
あっという間にハイヤーがお迎えにくるわけです。


はやっ!!!
と、感動しますよ。


ま、ここまでは、
今までもふつうのタクシーでもできたことなんですが。

すごいのは、
タクシーがきてからです。



私は車のことは全然詳しくないし興味もなかったのですが、
「UBERがくるぞ!」ということで、
なんとなくワクワクそわそわ待ってしまいました。


そしたら、
ポンッと通知が。


IMG_3727



・・・そして6分後、


やってきたのは、
真っ黒のVANでした。
ブラックバンというらしいです。



ごつくて大きな車体がスーッと向こうからやってきて、

FullSizeRender 21



ホテルの入口にピタッと停車しました。


FullSizeRender 25


おおおおおお。
きたきたきた!!!


颯爽と運転手Sさんが運転席から降り、
「どうぞ!」と笑顔で挨拶してくれたので、
胸高鳴らせながら乗りこみました。


FullSizeRender 22


たかが車に乗るのに、
遠足気分でした。


こんなに乗り物にワクワクしたのは
初めての飛行機の時以来です。


行き先は、、、と、言おうとしたら、
運転手Sさんは、
「じゃあ行きますねー」と発進してしまいました。


私は「何で行き先知ってるんやろ?」と、
一瞬ふしぎに思いましたが、
よく考えたらさっきすでにアプリで目的地入力してたので、
わざわざ伝える必要がなかったのです。



つまり、

アプリで呼ぶ
→数分くらいで目の前に来る
→勝手に目的地連れてってくれる



なんというVIP感。
贅沢だ…



さぞ高いのかな。


とおもいきや、
これがめちゃ安なのです。


VANは6人で乗れてしまうので、
普通にタクシー乗るのを考えても、
一人あたりめちゃ安いです。


6人で乗って、
4キロ弱で全員で2500円くらいでした。
1人あたり400円ちょっとです。


しかも、
決済(支払い)が楽すぎます。


車に乗ってから降りるまで、
まったくお金を払わなくて良いのです。


なんでかというと、
アプリに登録してあるクレカから、
後で自動で決済してくれるからです。



これは、
楽過ぎる・・・


タクシーよく乗る方はわかると思うのですが、
着く前にあわてて財布を出して、
お金支払うのが地味に面倒なんですよね。


たまにタクシーでクレカ使いたくても、
現金じゃないと嫌な顔されることもありますし。



ですがUBERなら、すべてアプリで完結するので、
・車内で目的地を告げる必要もなければ、
・車内でお金を支払う必要もないわけです。


コストが圧倒的に低い。


これは規制でタクシー守るのもわかるな…
規制緩和したらタクシーからUBERに客は流れるだろうな。
と思いました。



シェアリングエコノミーで生活コストが安くなるって、
こういうことかーと体感しましたよ。


シェアリングエコノミーの話って、
本で読んでもピンと来ないですよね。


以前にも、UBERのことは本で読んで知ってましたが、
まるでSF映画を見てるようで、
「本当にこんな時代くるんかいな」と信じがたい思いでした。


ですがこうやって、
実際に時代の最先端のUBERを体験してみると、
「本当に新しい時代がくるなぁ」と肌で実感できますね。


これから既得権益で守られてる産業も
どんどんきつくなっていくでしょうし、
そこで働く人員もカットされていくのが目に浮かびました。


私が学んだ
シェアリングエコノミーの知識は、
この動画にまとめたので、


ぜひこれを見て、
UBERによって5年後、10年後、
日本がどう変わっていくかを感じてほしいなと思います。


・UBER便利すぎてもうタクシー乗れない。シェアリングエコノミーが進む10年後どうなるか (動画)



ちなみに私は、
今回のUBERのような新しい体験をして、
未知領域を既知領域に変えるのが大好きです。


アドレナリンがぶわって放出されて、
あぁ、生きてるなぁって感じがします。


おかげで、
都内→都内のたった4キロの移動なのに、
プチ旅行気分で大いに楽しめました。


あなたにもぜひ味わって欲しいですし、
これ以上、未来をお手軽体験できる乗り物は他にないです。
リニアはまだちょっと先ですしね。


友達と乗っても楽しいでしょうし、
デートで使っても喜ばれると思いますよ。



PS.

私から無料体験の権利(初回2000円オフになる)をプレゼントできるので、
もしかしたら今後乗るかも。という方は、
下記からUBERチケットをゲットしておいてください。

→UBER無料体験チケット(2000円相当)を今すぐゲットする



ではでは!




▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<