甘いの大好きな私が3ヶ月砂糖断ち。結果、体調良いし、ネガティブが吹っ飛ぶ。

こんにちは、渡辺まみです。
最近めちゃくちゃ体調が良いです。
頭も冴えてスッキリしてます。
ゆえに仕事が捗ってます。

実はこれ、
3ヶ月砂糖断ちをしたおかげです。
砂糖抜いて死ぬほどコンディションが良くなりました。

コンディション上げたければ、砂糖は抜くに限ります。

世間的には糖分補給しないと脳みそ動かないよ。
と言われてますけど、
私騙されてました。完全に嘘。

キットカット食べて受験するとかもはや狂気の沙汰です。
あんな砂糖たっぷりのもの食べたら、
むしろ脳みそ動かなくなります。

断言しますが、
何かで結果を出したければ、
砂糖は食べないに越したことありません。

詳しく書いていきますね。

そもそも砂糖断ちというのは何かと言うと、
砂糖が入ってるものは食べないということです。
つまりスイーツ、パン、ジュースは一切NGの生活です。

なんでそんなこと始めたかというと、
先日、私の筋トレのパーソナルトレーナーから
砂糖抜けば?といわれたのがきっかけです。

私は甘いもの大好きなので、
砂糖抜くとか無理無理無理です!!

と抵抗したのですが、
トレーナーさんに
3ヶ月だけでいいのでやってみてください!
絶対身体変わるので!
とゴリ押しされ、
しぶしぶ砂糖抜きをやって見たのです。

そうしたら、、
効果が絶大でした。

身体が引き締まったのはもちろんとして、
副次効果がはんぱないです。

というのも、
砂糖抜いたことで、
脳がクリアになって、
仕事がめちゃくちゃ捗るようになったんです。

こんなことなら、
もっと早く砂糖抜き生活してればよかった!
と、後悔するレベルで良かったです。
なので今も砂糖抜き続けてます。

トレーナーさんよありがとう。

もともと私は甘いものが大好きで、
毎日のようにスイーツばくばく食べてました。
そしたらでぶりました。

でぶるだけでも最悪ですが、
まさか砂糖のせいで、
脳みそにもやがかかったようになり、
仕事のパフォーマンスが落ちていたとはね。

昔は気づかなかったですが、
砂糖を抜いてみたら、
明らかに思考がクリアになったので、
あぁ砂糖ってコンディション落ちるんだなと気づきました。
昔よくあんな状態で仕事していたなぁいうくらい差があります。

おまけに、身体のだるさも消えました。
砂糖取ってないだけで身体がこんなに軽くなるのかと、
ビビっております。

脳みそも軽く、
体も調子良いので、
アグレッシブに活動できるようになりまして、
最近では新しい事業を作るために活動を始めました。
年商10億を狙う新事業です。

でその事業のために、
以前では信じられないくらい外に出てます。
今月だけで海外は2カ国、国内では5県。
訪れて人に会って話を聞いてきました。

得た情報を組み込みながら、
今は企画を練り練り書いているところです。
いや楽しみ。

そんなふうにモチベ高く動けてるのも、
食生活変えたおかげ、
といってもいいくらい、かなり砂糖抜きの影響大きいです。

食ってなんでもいいと思ってましたけど、
全然なんでも良くないわ。
砂糖あかんわ。
パフォーマンス落ちるわ。

砂糖抜く前の私は、
ぼーっとしてやる気出なくて、
今思えばかなり堕落した生活送ってました。

下手したら1日中布団にくるまって、
ネットサーフィンしてる日もありましたね。

私の場合、働かなくても、
勝手に昔作った仕組みからチャリンチャリンしてるので、
布団くるまってても余裕で食べてはいけるのです。

ですが、働かなくても良いからこそ、
そこに甘えて、
ついダラダラーと過ごしてました。

ダラダラが楽しければいいですけど、
ずっとダラダラは飽きます。

飽きますし、
退屈だと、
いらんことを考え始めてよくないです。

何のために生きてるんだろう私…とか、
考えてる時さえありましたからね。

そのモードに入ると、もうやばいです。
どんどんネガディブになります。
ネガティブスパイラルです。
まーじで危なかった。

そんなゴミのような生活してた時期もありましたが、
食生活変えてからは、
だるさが消え、脳がクリアになり、
やる気が出ない日というのが格段に減りました。
おかげでアクティブに活動できるようになり、
充実しています。

食変えただけでこんなに変わるとは。
食生活マジ大事。

と言っても砂糖を抜いただけですがね。
他は特に気をつけてないです。

やったことは、
砂糖が入ってるスイーツ、パン、ジュースやめただけ。
以上です。

たったそれだけなのに、
砂糖抜いただけで気持ちがポジティブになり、
身体がやる気モードになれるなんて、
超いいなと思って今は採用しています。

ちなみに、
なぜ、砂糖を取ると、調子悪くなるのか?というと、
これにはちゃんと理由があります。

超ざっくりと説明すると、
砂糖を取ると、
脳が飢餓状態と判断して、
体守るために活動停止状態になるのです。

これどういうことかといいますと、
砂糖を取ると、
血糖値が意味不明なレベルで上がります。

で血糖値上がると、
詳しくは複雑になるので省略しますが、
なんやかんや色々あって、
身体が飢餓状態だと勘違いを起こすのです。

本当は砂糖取ってるので、
飢餓ではないのですが、
脳はおバカなのです。

つまり砂糖を取ると、

脳みそくん
「やばい!飢餓だ!
お腹すいて、エネルギーがないのに、
僕が動いたらもっとエネルギーなくなっちゃうなぁ。
ってことは、僕はじっとしてなくっちゃ!
よーし休もう。」

このように脳みそが勘違いして、
脳が省エネモードになってしまうのです。

その結果、
脳がぼーっとして、身体がだるくなるんです。

…ま、こんな難しい理論は忘れてくれて良いんですが、
気になる人もいると思うので、
一応説明をしました。
大事なのは、
砂糖取ればとるほど、
コンディションは落ちるということ。
これが伝えたくて今日は書きました。

もし今、
なんだかだるくてやる気でないよー。という人がいたら、
砂糖抜くだけでも変わる可能性高いですよ。

今やるべきことができないのは、
実は砂糖の取りすぎが原因かも。
ということです。

想像してみてください。
今までならだるくて後回しにしていた作業が、
砂糖を抜いた途端になんだかやる気が湧いてきて、
一気にサクサク片付いていくのを…。

さらに仕事が片付けば、
自信になりますし、
自信つけば気持ちも明るくなります。

本当は今もそのポテンシャル持ってるのですが、
砂糖のせいで発揮できてないかもしれないのです。

砂糖を抜くだけで、
仕事の調子が良くなり
気持ちまで明るく変わるなら、
かなりいいと思いません?

とはいっても、
一生やめるのはきつそうと思うなら、
まずは1週間砂糖抜きやってみるだけでもかなり変わりますよ。

砂糖抜きでダメなのは、
スイーツ、パン、ジュースです。
それ以外は基本オッケーと思ってもらって大丈夫です。

厳密に言えばいろいろあるのですが、
あんまり厳しくやりすぎると続かないので、
スイーツ、パン、ジュースはダメ、
と、最初はこれだけやるだもかなり変わります。

ちなみに、
糖質制限とは違うので、
お米は食べてオッケーですよ。
お米ありなので、意外とラクに続けられます。
あとは、
人と会う時は、普通に食べてオッケーです。
飲み会では仕方ないので私も自由に食べてます。
それくらいゆるくやっても、
砂糖抜くとかなりコンディション良くなります。

まずは1週間、
1週間でいいので試してみて欲しいですね。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は21歳で起業をして、
大学在学中に月収100万円を達成しました。
ないない尽くしの起業です。

当時大学生だったのでお金もなければ、
社会経験すらありませんでした。

普通のサラリーマン家庭に生まれ育ったので、
特別なコネもありません。

おまけに人見知りな性格で、
リーダーシップのかけらもない、
コミュ力の低いただの女子大生でした。

そんな何もなかった私にも、
チャンスを与えてくれたのがネットビジネスの世界でした。

自力で事業を回せるようになったことで、
自信が湧いてきたせいか、
昔の友人には性格まで明るく変わったねと言われました。
事業が私を育ててくれたのです。

そんな私の起業物語が本になりました。

Amazonで1000円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。

▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます。
→クリックして詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です