こんにちは、渡辺まみです。
私はトレンドアフィリエイトの教材『PRIDE』を実践して、数十万PVのサイトを育てAdSenseで収益化しました。

その際、ほぼ全ての記事を外注化して、1記事200円ほどで外注さんに書いてもらい、投稿までしてもらっていました。私がやったことといえば、キーワードを外注さんに指定することくらいです。お陰で普通にPRIDEをやるよりもずっと楽をして、PRIDEを実践することができました。

今回はPRIDEを外注化するメリット・デメリットをお教えします。

PRIDEを外注化しちゃダメな人は?


このページを読んでいただいているということは、どこかでPRIDEを外注化すると良い!ということを聞いたことがあるかもしれません。

確かに、PRIDEの外注化はカンタンです。トレンドアフィリエイト経験がない人でも、誰でもできます。
ですが、

・外注化さえすれば、勉強ゼロでも稼げる

と考えている方は、外注化するのは危険です。
というか、PRIDEをやっても成功できない可能性が高いので、即やめてアルバイトでもした方が良いと私は思います。

というのも、外注化というのはあくまで「楽をする」ための手段であり、「勉強しないでも稼げる」というわけではないからです。

確かに私は外注化したことで時間的にめちゃめちゃショートカットできましたし、大学に行きながら数百記事のサイトを完成させる。ということができました。

ですが、そのためには外注さんにいかに心地よく働いてもらうか?という勉強を欠かしませんでした。実作業時間は限りなくゼロに近づけられるようにしましたが、そのために頭を鍛えたのです。

私の記事を読んでくださっているということは、勉強熱心な方だと思うので、その調子でPRIDEの外注化を実践していってもらえればなと思います。

PRIDEを外注化して実践すべき人は?


では、PRIDEを外注化するべき人とはどんな人か?というと、私はPRIDEを真面目に実践する人は全員外注化すべきと考えています。

というのも、トレンドアフィリエイトの場合は、自分で記事を書く必要がまったくないからです。

トレンドアフィリエイトというのは基本的には、生活や季節に関する広いテーマを扱います。なので、外注化しても自分で書いても、大きな差がでないのです。

そして…
トレンドアフィリエイトで重要なのが、スピードです。

PRIDEをすでにやっている方は気づいていると思いますが、会社に行ったり家事や育児の合間に記事を更新していると、どうしても1日に更新できる数に限度があるでしょう。
副業でPRIDEを実践している場合は、1日に1記事もかければ良い方だと思います。

もちろん、そのペースでも稼げないわけではありません。
私だったら稼げるようになるまでに時間がかかるので、モチベーションが続かず、挫折せずに続けられる自信がありません…。

1記事200円〜というコスパのよさを考えれば、
1日バイトしてでもお金を作って、
実作業は外注化したほうが圧倒的に早く成果を出すことができます。

成果が早く出れば、どれだけ飽き性の人でも、モチベ―ションが途切れることもありません。やっぱり10円でも成果がでれば「よっしゃ、もっと頑張るぞ」と思えますしね。

に対して、ノロノロ更新だと最初の10円が発生するのも遅くなり、それまでの間にPRIDEを買ったばかりのときのやる気はどっかにいってしまいます。


だからこそ私は、PRIDEを実践するなら絶対に外注化すべき!と思っています。

PRIDEを実践するのに、モチベーションは必要ありません。
眠い目をこすって頑張る必要もありません。

ちょっと外注化のハードルさえ超えてしまえば、
会社に行く前にチャットでポンと指示を出すだけで、勝手にサイトが更新されていくのです。

私がPRIDE実践初日から外注化した理由


私はPRIDE実践の初日から外注化しました。
先にPRIDEを実践して月に10万円ほど稼いでいた先輩から「絶対やったほうがいいよ」と強くおすすめされたのがきっかけでした。
とはいっても、当時大学生。
人を雇ったことはもちろん、社会経験すらない学生でした。

「本当に外注化したお金は戻ってくるのか?」と怖かったです。。

が、最悪失っても200円だ。
まずは1記事だけでも外注化してみよう。とチャレンジしてみました。


そうしたら、思ったよりも良い記事が納品されるわ、
はやく成果は出るわで、
美味しすぎてやめられなくなりました。笑

私の最初の外注体験談は、
この記事にも書いています。

PRIDEを外注化して分かったメリット


PRIDEの外注化についてまとめると、

・外注化している人は、バンバン更新できる→成果が早い→モチベーションも続く→良い循環
・外注化していない人は、ゆっくり更新するしかない→なかなか成果がでない→モチベ下がる→悪循環

というのが私の個人的な意見です。

お金は多少はあるけれど、時間がとにかくない!というサラリーマンや忙しい主婦の方は特に、外注化の旨みを感じられるハズです。


では、逆にPRIDEを外注化するデメリットはあるのか?というと、、、

PRIDEを外注化するデメリットは?


私が感じたデメリットは、
外注化するとあまりにもカンタンに記事が納品されていくので、自分がサイトを運営していることを忘れそうになる。ということです。

私は記事作成〜記事投稿まで外注さんにおまかせしていたので、自分は一切管理画面にログインしなくても、勝手にサイトが更新されていきます。

私がやったことといえば、キーワードを調べて外注さんに指定することと、納品された記事のチェックくらいです。慣れてしまえば、1日5分で終わる作業です。
ですので、自分のサイトを放ったらかしにしてしまっていました。

放ったらかしでも収入が入ってくるので、良いといえば良いんですが、時々でもメンテナンスをすると収益はもっと上がります。

外注化してもこまめにPRIDEの教材を読み直したりして、どうすればもっと収益をアップさせるか?常に学び続けて行くほど、売上はグングン伸びていきますよ。

PRIDEの外注化は実はカンタン


ここまで読んで、
「外注化は気になるけど、外注さんに教えるためにも記事を書くスキルを身に着けなきゃ」と思う方もいるかもしれません。


ですが、、、、
とんでもないことに、記事を書くスキルがなくても、外注化はできちゃうのです。

大事なことなのでもう一回書きます。

ライティングスキルがゼロでも、外注化は可能です。

なぜなら、PRIDEを購入しているということは、PRIDEに書いてあることをそのまま外注さんに教えてあげれば良いんですよね。

私も最初はPRIDEに書いてあることを自分でワードでまとめて、それを外注さんに見せて、書いてもらっていました。

そして外注さんを複数雇ううちに、どんどん自分でもライティングができるようになっていきました。雇いながら学んでいったのです。


私はかなりの面倒くさがり屋なので、もしもPRIDEを外注化しておらず自分で更新していたら、記事の更新もサボってしまっていたかもしれません。

ですが、外注化をしたことで、強制的に外注さんに教えるためにPRIDEを読み込む必要がでてきました。それにより、真面目にPRIDEを読みこむことができ、結果的にライティング力は飛躍的に向上したんです。


もっといえば、私はライティングがまともにできなかったからこそ、外注化した。ということもあります。

というのも、外注さんにはすでにライティングを長年やっています。と言う人も数多くいて、私なんかよりずっと上手な記事を書いてくれたりしたのです。

特に、生活・育児分野の記事は、外注さんには主婦の方が多いので、私の知らないような知識まで詳しい内容を書いてくれたりもしました。
男性の方であれば、美容記事を外注化したらその威力が分かるかと思います。


もちろん、自分でコツコツ調べて書くこともできたのでしょうが、すでに知識が豊富な方に格安でお願いできる状況があるのだから、使わなきゃもったいない!と思って私は外注化をしていました。

今でも実験のため、PRIDEの外注化は継続していますが、問題なく元がとれる価格で記事を依頼できています。


手順はカンタンで、
1.Crowdworksに登録
2.募集文言を出す
3.採用して記事を納品してもらう

というざっくり言えば3ステップです。

こうしてみると難しそうですが、やってみると思ったよりカンタンですよ。
いきなり100記事は怖いと思うので、まずは1記事から募集かけてみるのをおすすめします。


そして、募集してみたけれど、なかなか応募が集まらない。
と悩んでいる方を多くみかけます。

もし、私の使っている外注の募集文言や、
私の外注さんに渡しているライティングマニュアルをそのまま真似して使いたい。という方がいたら、こちらの記事もご覧ください。

私のPRIDE外注化の集大成です。

私がもし初心者時代に戻ったら、こんな教材ほしいなぁ…という気持ちで作りました。
→脱獄限定版〜山崎、わっきー、渡辺まみの外注化教材〜


PS.
私の外注化したての頃の物語です。
外注化ってやってみたら意外とカンタンなんですよね。
ビビらずに挑戦してみて本当に良かったです。

→人を雇ったら3000円が30万円に化けた!!21歳の外注化物語。



では。




▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<