書評:小学6年生でも分かる『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』の要約と感想

こんにちは、渡辺まみです。
佐藤航陽氏の『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』という本を読みました。
超良い本でした!名著オブ名著です。


ただ、めちゃくちゃ良い本なんですが、
経済・金融分野の本だけに、難しいのは確かです。

かなーり分かりやすく書いてくれてますが、
それでもやはり、とっかかりがあった方が良いと思うので、

小学6年生でも分かるように、
本の内容を説明します。
私の記事をきっかけに、本書を手に取ってくれる人が増えたら嬉しいです。

その前に軽く自己紹介をしますと、
私は慶應大学で経済学の理論を学び、
その後は起業家として、理論を実践してきました。

座学と実践の両方で経済を見てきた経験から、
感想・レビューを書いていきますね。

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』で大事なこと


まず、『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』を読んで、
一番良かった部分はここです。

ざっくり言ってしまうと、この先は
「自分の価値を高めておけばなんとでもなる」世界が実現しつつある
ー『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』より


これどういうことかというと、
これからの時代は自分の価値を高めておくと、
めちゃくちゃ強いよってことです。

自分の価値を高めて、
人に対してガンガン価値提供できる人が、
今後はますます力を持ちます。

でも自分の価値高めるって言われても、、、、なんだそれ?と、
まだピンと来ないと思います。

なので、まずは
自分の価値について詳しく話していきますね。

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』によると、価値には3種類ある。


『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』では、
価値には3種類あると話してます。

・有用性
・内面的価値
・社会的価値

この3つの価値です。

そして中でも、これからの時代では、
内面的価値が重要だ。
と書かれてます。

に対して有用性は、あまり重要ではないといいます。

ところで、有用性って何?
内面的価値って何?

これをまず理解しないと、意味不明だと思うので、
それぞれ説明していきますね。

ちなみに、社会的価値については、話したいところですが、長くなるので今回は省略します。

今回は、有用性と、内面的価値、
この2つを比較しながら、
本の要約を話していきます。

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』でいう、有用性とは?内面的価値とは?


まず有用性というのは、カンタンに言えば、
役に立つ!とか、便利!って価値のことです。

例えば、洗濯機は、
有用性の塊のような商品ですね。
便利だから買うのです。

に対して、内面的価値というのは、
楽しさとか面白さとか、感動とか、そういう感情的な価値のことです。

例えばユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)
は、内面的価値を提供してます。

別にユニバに行かなくても死ぬわけじゃないですよね?
でも、行ったらワクワクしたり、楽しいから、行くって人がたくさんいます。
私もユニバ好きです。

こういうものが内面的価値です。

そしてこれからの時代には、
有用性よりも、内面的価値を提供する人や企業が伸びる
と本書には書かれてます。

実際、すでに今の時代を見ていても、
その傾向は顕著です。

内面的価値を与えられる、
娯楽産業が儲かりまくってます。

例えば、先の、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの例でみても、
入場者数が右肩上がりでグングン伸びてます。

しかも、チケットは値上げされ続けてるんですよ。
今ディズニーランドより高いですから。

それでもユニバ楽しいから行きたい。って人がいっぱいいるのです。

こんなふうに、
今の時代でもすでに、
内面的価値を与えるビジネスは儲かっています。

この傾向が今後さらに強まるってことです。

に対して逆に、
有用性(実用性)のビジネスは衰退していってます。

その典型が、
製造業です。

本当に、今、製造業は、悲惨です。

例を上げればキリがないですが、
例えばシャープは一時期東証一部降格して、今は戻りましたけど、外資傘下になってしまいました。
他にもソニーでは、もう20年弱にも渡って、リストラの嵐という状況です。

大手でもそうなので、中小はもっと大変です。

確かに、日本の製造業には、
世界に誇れる素晴らしい技術があります。

ですが残念ながら、
ただただ便利なモノを開発して、売っていれば、
儲かってた時代は終わってしまったのです。


だってもうこれ以上、便利さっていらないですよ。
今ある機能で十分です。

例えば洗濯機だって、これ以上機能良くしようがなくないですか?
もう十分キレイに洗えるし、便利です。

つまり今の人は、
便利なモノはもう持ってるので、
いらないんです。

今の人が欲しがるのは、
モノではなくて、体験です。

楽しさとかワクワクとか、ハラハラ・ドキドキとか、そういう目に見えないようなものに、
お金払いたいって人がたくさんいるんです。

だからこそ、
楽しさや体験を与えられるような、
人や企業はこれから儲かりまくります。

儲かりすぎてしょうがないくらい、儲かると思いますよ。


内面的価値を与えると、儲かるって、どういうこと?


ピンとこないかもしれませんが、
例えば、YouTuberは良い例です。

YouTuberも内面的価値を与えて儲かっている。


YouTuberって今すんごい儲かってますよね。

コーラにメントス入れてみた。みたいな、
ふざけたような動画を作って、1億2億とか儲かってるんですよ。
すごくないですか?

今までの時代なら、考えられないようなことが起こってます。

でも彼らが儲かるのは、
ちゃんと理由があって、
先程も話したように今は楽しませてくれる人に富が集まる時代なのです。

便利なものとか、そういうのじゃなくて、
ワクワクが何より価値を持つのです。

だからYouTuberは、儲かるべくして儲かってるのです。

楽しませる人の価値は、
今後ますます上昇をしていきます。
一方で、つまらない人の価値は、どんどん落ちます。

例えば今の時代だと、
たとえ本人がつまらない奴でも、
いい大学とか、良い企業に入ってれば、
すげー。と言われてますよね。

男性なら、合コンでも肩書きがあれば、
モテるのかもしれません。


ですけど、
これからの時代は、
そういう学歴とか、肩書きの価値ってどんどん下がっていきます。

いくら肩書きがすごくても、
本人がつまんない奴だったら、
価値ないよねと思われるようになってしまうんです。

なので、極端な話をすれば、

・東大卒で大手銀行に勤めてるけど、仕事は毎日ハンコ押してるだけの人
・中卒だけど、YouTubeで10万人ファンがついて、面白い人

だったら、今後は、圧倒的に後者のほうが強いってことです。
面白い人に、富も人脈も集まります。

だからこそ、
今後は、学歴とか会社の看板に力を借りるのではなくて、
自分自身の価値を高めていくのが大事。
ってことです。

といわれても、、、
「そうはいっても、誰かを楽しませるって自分には無理だよ。だって面白くないし・・・」
と思うかもしれません。


でも、実は、誰かを楽しませるって、
実はそんなに難しいことではないんですよ。

楽しませるといっても、
YouTuberみたいに、
おもしろ動画をアップしないといけない。ってわけじゃありません。

そういうのだけじゃなくて、
インターネット使えば、
色んな方法で誰かを楽しませることができます。

例えば、、、

インターネットを使って、発信することでファンが生まれる。



例えば、Twitterってやってますか?

Twitterでつぶやいて、
「いいね」がもらえたことありません?

それだって、
十分誰かを楽しませられてることになります。

本当に小さなことかもしれませんが、
でも確かに相手がおもしれー。と思って、いいねしてくれたのです。

と考えると、
誰かを楽しませる。って、
そこまで難しいことでもないのです。

本当に小さなレベルでもいいから、
Twitterでつぶやいたり、
ブログを書いてみたり、
何らかの発信をすることで、
評価を得られれば、
それが内面的価値を与えることになるんです。


そしてこれからの時代は、
そんな小さな「いいね」の積み重ねが、
大きな資産になっていきます。

それについても、
本書には詳しく書かれてます。

また、インターネットを使って発信して、
ファンを増やしていくことに関しては、
私のブログやメルマガでも話してますので、
気になる人は見てみて下さい。

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』ここまでのまとめ


ここまで話してきた、
『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』の内容をまとめると、

・これからの時代は、有用性じゃなくて、内面的な価値が大事になる。
・内面的な価値とは、面白い!とか、楽しい!とか、ワクワクする!とか、そういう目に見えないもの
・つまり今後は、内面的価値を与えられる人が強い。
・例えば、インターネットで発信をして、誰かを楽しませられる人に、どんどん富が集まっていく。

ーーーここまで前半終わり。

ここからは、後半です。
少し難しい話です。

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』というタイトルにある、
お金2.0ってなんやねん?という話をしていきます。

お金2.0って何なの?



ここからは、話題は変わって、
お金2・0とは何か?について、要約していきます。

超簡単に言えば、
これから仮想通貨みたいな、
新しいお金のようなものがバンバン出てくるよって話です。

ちなみに仮想通貨って、
ビットコインが有名ですけど、
ビットコインの他にもめちゃくちゃ色んな種類がたくさんあるんですよ。

イーサリアムとか、リップルとか、ネムとか、色々。

それら全部をまとめて、
仮想通貨っていうのです。

そして今後は、
仮想通貨が普及していきます。


ただ、仮想通貨が普及をしても、
今まで使ってた日本円がなくなるわけじゃありません。

そうではなくて、
日本円やドルのような今までのお金と、
ビットコインのような新しいお金が、
ごちゃまぜの世界になるとこの本には書かれてます。


もっと細かく言えば、
本書では経済が分散化される話や、
トークンエコノミーの話など書いてあるんですが、
今日は説明しきれないので省略します。

気になる人は、本を読んでみて下さい。

ざっくりとだけ今日は書いておきました。


ちなみに、この本とは話変わりますが、
仮想通貨に関して、
質問があったのでついでに答えていきますね。

ビットコインのような仮想通貨を買うべきか?


「ビットコインのような、仮想通貨を買うべきでしょうか?」とたまに聞かれるので、
私の意見をついでに書いておきます。

個人的な答えとしては、
仮想通貨を買うのは良いけど、
あくまで余剰資金つまり、余っているお金で買うべきです。


なぜなら、買う仮想通貨によっては、
一文無しになる可能性もあるからです。


どういうことかというと、
仮想通貨だからといって、
全部オッケーというわけではないんですよ。

先程も書いたとおり、
仮想通貨にはビットコインにも、色んな種類あります。


そして仮想通貨の中には、
今後価値が上がるものもあれば、下がるものもあるのです。

つまり、何が言いたいかというと、
仮想通貨を買っても、
最悪入れたお金が0円になるかもしれないってことです。

もちろん、
儲かるかもしれないけど、
投資である以上は減るリスクも当然あります。


なので、
少なくとも貯金1000万円以上ないなら、
あまり仮想通貨はすすめられないです。



私は、余ってるお金で少し買ってますが、
それはあくまでお金が余っているから買ってるのであって、
最悪0円になってもいいお金でやっています。


まだ貯金全然ないよ。って人や、
稼げる力がないよ。って人は、
仮想通貨ではなくて、自分の価値を高める活動に集中するべきだと私は思います。

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』にも書いてあるように、

ざっくり言ってしまうと、この先は
「自分の価値を高めておけばなんとでもなる」世界が実現しつつある
ー『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』より

からです。

ここで少し私の話をすると、
私もこれまで自分の価値を高めるために、
本を読んだりして勉強しまくってきました。

そして本から学んだことを、
ブログやメルマガで書いていったら、
少しずつありがたいことにファンです!と言ってくれる人がでてきました。

そして最近では、
読者の方と仲良くなって、
突発的に焼肉会をやってみたりしてます。

→焼肉会をやりました

これも参加者の方から、
楽しかったです!との声をいただけたので、
一種の内面的価値を提供できたのかなと思います。

ちなみに、私は元々はコミュ障でして、
会を主催するような人間ではありませんでした。
ただのツマラン、ガリ勉女でした。

でも、今はずいぶん面白くなったね。
と周りに言われることも増えました。

そのきっかけとなったのが、
起業したことです。
ビジネスをはじめて人格が変わりました。

本当起業して良かったなーと思ってます。起業は人を変えます。
→コミュ障女子大生が経営者になってみたら人格も人生も変わった全記録

それとこの記事は、
私が起業して一番ビビった瞬間の話です。
一見、普通っぽいお兄さんが億を稼いでいて衝撃を受けました。
→年収1億円の世界を見てきた。大学では絶対に出会えない経営者との会話

YouTubeでもお金に関する講義を配信してます。無料です。
→YouTubeチャンネル


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は21歳で起業をして、
大学在学中に月収100万円を達成しました。
ないない尽くしの起業です。

当時大学生だったのでお金もなければ、
社会経験すらありませんでした。

普通のサラリーマン家庭に生まれ育ったので、
特別なコネもありません。

おまけに人見知りな性格で、
リーダーシップのかけらもない、
コミュ力の低いただの女子大生でした。

そんな何もなかった私にも、
チャンスを与えてくれたのがネットビジネスの世界でした。

自力で事業を回せるようになったことで、
自信が湧いてきたせいか、
昔の友人には性格まで明るく変わったねと言われました。
事業が私を育ててくれたのです。

そんな私の起業物語が本になりました。

Amazonで1000円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。

▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます。
→クリックして詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です