どうもこんばんは。

あんまりね、お金の話をするって良くないですよね

・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・という、

謎の文化がこの国には根強いですが、

ぶっちゃけ、「は?なんでダメなの?」って思います。



お金の話をして何が悪いのか真剣にわからない。。

だれか私を論破して!!




もっといえば、
お金に、キレイも汚いもないですよ。

ただね、こういうことばっかいってると
やれ「がめつい」だとか、やれ「守銭奴」だとか、やれ「拝金主義者だ」だとか

罵倒される未来しか見えないんですが、笑



構わず、
このブログでは、リアルではなかなか良いづらい
本音をどんどん書いていきますよ。

さて、はりきってお金の話をしましょう!



まずは質問です、
「お金がどんどん貯まる人」
「お金がどんどん消えてなくなってしまう人」

この1番の違いはなんでしょう?




・収入なのか?




いや、違います。

収入は確かに大きな要素ですが、
それ以上に人生を左右するポイントがある。




それは「投資」をするかどうか。

投資とい言うのはなにも、
株や投資信託といった、証券投資に限りません。




他に何があるのかといえば、

・情報への投資

つまり、本を買って何かについて勉強して知識を得たり、
習い事や講義をうけて情報を得たり、
自分より詳しい人に話を聞いたりすること。

情報を得るために、
時間をさいたり、お金をかけること。

これこそが、一番資産を大きくする投資。




特に、お金がない人こそ

可能な限り
・消費をしない
・情報への投資にまわす

「情報」がない
これだけで、もらえるはずのお金がもらえない。

ということを、
私は身を持って知りました、、





たとえば身近なところでいえば、
大学の制度で、医療費補助というのがあるんです。

月にいくら医療費がかかっても、
そのほとんどを大学の組織が負担してくれるんですね。




ただし!

それをもらうには、
請求が必要だったのです。

請求できるのは、約3ヶ月間のみ。

私は大学入学して1年間この制度を知らなかったので、
医療費まるまる大損。




数万、ヘタしたら十万以上のレベルで損ですよ。

気づいた時には申請の期限切れで
手遅れ、、、、




バカだったーーー!!!!

と、心のなかで泣きました。

もっときちんと大学の案内を読んでいれば!
もっと制度を知っていれば!




こうならないように、
それからはお金に関する制度を調べまくり、
もう二度とムダな支出はしまいと誓いましたね。




ほんっとーに、情報に投資しないと損をする。

こうして苦い体験をしてから、
少しお金のことを勉強しただけでも、
周りの人をみていて本当にもったいないと思うことがよくあります。





毎日の買い物レベルの話から、
生涯収入に直結するでっかい話まで。


ほんの少しのお金と時間をかけて「情報」を得ようとしなかったがために
気づかないうちにものすごい損ばかりしている。





それもこれも、決して個人が悪いんじゃなく、
「お金の話をするなんてがめつい」という文化があるせいなんですよ!!




だれもお金についての話をしないんなら、
お金についての本当の情報がでまわるはずがない。

待っていても、情報なんてこない。





だからこそ、

情報は、自分でお金と時間をかけて
とりにいってます。



たとえば、本。

これに出会ってなかったら
今の私はありません。

→私の人生を変えた1冊はこれ!!置いとくだけで迷いがスッキリなくなる本





他にも、
面白い情報を発信している人の
ブログやYouTubeはお気に入り保存して、
メルマガを購読して
徹底的にフォローしています。





詳しくはまたいつか書きますね。
ではではー。




普通は、お金持ちのところにしか情報はいかない。
貧乏人にはうまい話なんて降ってこない。
…という悲しい現実をしったのはこの時。
月収1000万の世界を見てきた



これも、もっとはやくに知ってたら
バイトしなくて済んだのに、、と後悔しました。
知らないともったいない!たった1時間で3万円を生み出す方法


▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<