どうもこんにちは、
まみです。



先日東京西川の枕をゲットしてきました。



これまでは、
枕なんてなんでも良いっしょ。と思っていたので、
ずっと一人暮らしをはじめた時に使っていたやっすい枕を使ってたんですよ。


なんなら枕ナシでも寝られるので、
枕にお金をかけるという発想すらありませんでした。


そんな私が、
わざわざ新宿のデパートまで赴いて買いに行くことになるとは
思いもしませんでした。


きっかけは、ある経営者仲間から
「今からみんなで枕買いに行くけど、来る?てか来なよ」
と誘われたからです。


私は正直、断ろうかと思いました。

枕!?うーん、今スグ必要なものでもないしな。
枕にお金かけるくらいなら新作のコートのが欲しいんだけどな…



迷ったのですが、
「いいからいいから!」と猛烈プッシュされて、
そんなに言うならまぁ行ってみるかー。と行くことにしたんです。


デパートの布団売り場についたら、
ズラーッと古今東西の枕が並んでる。

壮観!

IMG_2013

そういえばこういうの初めてだなぁ。

これまでは枕といえば、
ニトリで家具を買うついでに選ぶものでしたもん。


わざわざ枕だけを買いに行くなんて
あのニトリの買い物からしたら贅沢だなぁと感慨深くなりながら、
手当たり次第に枕をいろいろ触ってみる。


一番衝撃だったのは、
冷えピタみたいな枕です笑


これ。

IMG_2014


枕なんだけど、
何?スライムみたいなのでコーティングされちゃってるんですよ。


で、しかもそのスライムが絶妙に冷えピタカラーだったので、
うわああ、気持ち悪い笑

と思いながらプニプニ触ってました。

感触は気持ち良かったです。
けど最初からこんな変わり種じゃなくてもいいかな…


と思い直して、
他のも触ってみることに。


みんなでアレコレ触ってみて、
ワイキャイしてました。


そしたらそしたら、
お姉さんにご案内しますよーと声をかけられて、
お店の奥の個室に通されました。

IMG_2012


小さい部屋がいっぱいズラ~と並んでいて、
その一つ一つの部屋にベッドが置いてあるんですよ。

IMG_2010


そこに通されて、
お姉さんに言われるがまま、ベッドに寝転がって待機。


なにこれ、VIP感やばい。
1人に対して1人担当者がつくあたりが全然ニトリと違うわ。
世界の金持ちはこういうところで買い物しとったのか…
すごいな…


とぼんやり考えていたら
お姉さんが「では、お好みを伺っていきますね。」と色々と質問されました。


お姉さん「枕の硬さはどれくらいがお好みですか?」

私「いやあの、ずっとこだわらなかったんで良く分かんないです」

お姉さん「・・・。では素材で嫌いなものはありますか?」

私「素材?素材って何があるんですか??」


いや、全然答えられないです笑
枕のことなんて何一つ考えずに生きてきたなぁと思い、色々質問してみました。


そうしたら、お姉さんがちょっとお待ち下さいね−と消えたと思ったら、
10個位枕を抱えてきて、私の目の前にドサッと積み上げました。

「この中からとりあえず試していただきますね」


えええええ、
枕の種類ってこんなにあんの?
これ全部試せちゃうの?

なにこれ、めっちゃ楽しいやん。


そして1つ1つ試していきました。


こんなたくさんの中から1つに決めれるのかな…
と、若干不安だったのですが、
お姉さん(東京西川の担当者さんでした)が1つ1つ
これはこういう素材なんですよーと説明してくれました。

IMG_2011


しかも、
こんな10種類あって何が違うんだろ、
と思っていたんですが、


試してみたら、
ぜんっぜん違う。


パイプみたいなやつと羽毛だったらまぁ違いわかるとして、
羽毛と羽根。みたいな微妙な違いも、
実際に試せるのでぜんぜん違うなーとわかるんです。



枕の世界すごすぎる。
本当に色々あって全部違うんですよね。

時間とお金かけて、わざわざ選びに来る人がいるのも納得です。



次から次へと運ばれてくる枕に、
私はもうワクワクが止まらなくなって、
あれも試したいです!これもお願いします!!

と、色々お願いしちゃいました。


素材だけじゃなくて
高さや柔らかさも色々あって、
寝返りが打ちやすいのとそうでないのがあるんですよ。


寝返りが打ちにくいということは身体が固定されるということだし、
寝返りが打ちやすいということは体制をコロコロ変えたり、横向きに寝る人にちょうどいいらしいです。


寝る時の姿勢が、枕一つでこんなにも制限されてるんですね。

私はこれまで仰向けに寝てきたんですが、
確かに今まで使ってきた枕は構造上横に向きづらい形でした。

逆に、ついつい横向きに寝てしまう癖がある人は
肩が凝ったり健康上良くないこともあるそうです。


そういう人は、枕1つ変えるだけで、
肩こり改善したりするということですよ。



こりゃーすごい世界だなと。
枕で健康になれるんなら、もはや医療機器ですよね。


それを適当でいいや。
と思ってた自分がやばかったなと思い知らされました。


で、試しまくっていたら、
ある1つの枕が、超フィットしたんです。


わああああ。
これホテルでしか見たことないやつやん。

やばい、テンション上がる。
フッカフカのふっわふわだー!!!


柔らかめなんですが、
フッカフカのホテルみたいなやつなので、
顔の向きをかえにくいんですよ。


だから、
これまでどおり仰向けで寝られるということでした。


しかも、これまでの家の枕と比べて
なんだか少し顎が上向きになる気がしたんですよ。


気になって、
東京西川のお姉さんに聞いてみたら、
「この枕は構造上あごが上に向きやすくなっているので、
気道を確保しやすくて、息苦しさが改善されますよー」


と、即答されました。
お姉さんの枕に対するプロっぷりがさすがですね。


気道確保ってすごくないですか。
枕って、肩こりとか筋肉だけじゃなくて、
呼吸すら変わってくるということですよ。


枕がこれまでは悪かったので、
顎がキュッとしたに向いてしまい、
気道が圧迫されていたわけです。


気道って息の道なので、圧迫されるということは、
酸素が不足してしまうということです。


そうすると、
寝てる間の呼吸の質が悪くなるので、
呼吸が浅くなって、
必然的に睡眠の質が落ちるわけですよ。


逆に私が買った枕は軌道を空けてくれるので、
寝てる間にも深く呼吸することができて、
快眠を手に入れられるということだったんです。


枕本当に健康になれそうだなーと感動しました。

枕なんて、ちょっと寝やすさをアップするだけの道具だと思ってましたが、全然違いました。
筋肉の疲労度や、呼吸の質まで枕で変わってくるんですね。


だからこそ個人個人で、合う枕が違ってくるというのも納得です。
身体は人それぞれなら、枕も人それぞれあったものを選ばないとそりゃあ健康上良くないですよね。


しかもよく考えたら、
睡眠時間って1日のうちの3分の1くらいを占めてるわけですよ。


つまり生きてる時間のうち、
3分の1は枕使ってるってことです。


一日でそんなに使う道具って他にそんなにないですよ。
布団と、服くらいかな。


それでしかも枕って、
身体の向きを固定するわけで、
服と比べたらかなり重要度が高いわけです。


そこにお金をかけないのは、
健康になりたいなら、超もったいないことですよね。

コート買いたいなとかいってた自分を殴りたくなりました。
そんなもんより先に枕やろ!!と。


しかも、枕ってこだわると高いイメージあったんですが、
私が買ったやつは3年くらいは使えるらしいんで、
高いといっても1日あたりにしたら知れてますよ。


計算してみたら、


25,000÷(365×3)=23円


一日あたり、たった23円です。


うまい棒2本分で快適な睡眠と健康が手に入るんですよ。


睡眠の質が上がったら、
仕事の効率あがって、
23円分はあっという間に回収できてしまいます。


これ超コスパいいじゃん。
と思って即購入を決めました。



家に発送してもらい、
3日後に到着。



家においてみたら、、、
うん、最高。

お店で体感したあのフカフカそのものだ。
これが毎日なんて幸せすぎる。


実際寝てみて、
本当に深く寝れた気がしました。


ただ、今日の睡眠が浅かったかか深かったか?は、
実際ハッキリわかるほどではないです。


でもですね、2ヶ月ほど使ってみて思うのは、
明らかにひどかった肩こりが改善したんですよ。



パソコン仕事なので
どうしてもいつも肩がこってしゃーなかったんですが、
それがかなり良くなりました。



今、ひどい肩こりで病院や整体に通っている方がいたら、
真っ先に枕を変えたら大分改善するんじゃないでしょうか。


それで病院に通わなくてよくなったら、
通院費もシップ代も浮いて、
1日23円とか余裕で回収できますよ。



買ってみて本当に思うのは、
枕1つでこんなに健康が変わるんだなっていうこと。

肩こりが吹っ飛ぶし、
呼吸も良くなって深く眠れるわけです。


睡眠不足解消して、しかも肩こりまでなくなったから、
かなり精神的にイライラが減りました。


枕1つだけでも、心も身体もめちゃめちゃ健康になれたんです。


人生っていうのは意外と、
ほんのちょっとの差の積み重ねで変わっていくんですね。


東京西川の枕売り場に行ってなければ絶対にこんな健康になれることはありえなかったので、時間やお金をつかってでも、十分行く価値ありました。
枕買う前から、もう楽しかったですもん。

こんな世界あるんだ!ってワクワクできて、
しかもそれを使って元気になれるんだから、最高です。


枕にかぎらず、
新しい体験をガンガンしていこう。と改めて思いました。


枕なんて別になんでもよくない?と、枕を買いに行く前は思ってました。
私は貧乏だったときの癖が抜けないんですよね。

けど、異世界を拒むのはすごい機会損失だなと気づきました。


学生でバイトもしてなくて貧乏だったときは、
お金がかからないようにいつも考えてたんですけど、
長期の目線がなかったなと今は思います。


節約して節約して、
一食200円で済ませられたらよっしゃ!って思ってた時もあったわけです。

そういうときには、
25000円の枕なんてアホでしょ、っていう価値観でした。


あの時だったら絶対枕なんて買ってなかった。
それはお金がなかったからではなく、価値観が貧乏だったからです。


要するに、長期で考えることができてなかったんですよね。
一瞬の損得勘定ばっかりでした。


今日の食費のことは考えられたけど、
長く使う枕のことなんて考えたこともありませんでした。


枕なんて買っても、明日のご飯は食べられないわけです。
それなら白米のが良かったです。
枕にお金を払うとか意味が分かりませんでした。


けど、長期で考えたら、枕は1日24円です。
たった24円で健康を得られるわけです。


もちろん、枕で健康になれるなんて私は知らなかったし、
枕売り場行ってみないとわからないことですよね。

売り場に行って、枕を試して、
東京西川の担当者さんと話したからこそ、私は枕の本当の価値を知れたのです。


だからこそ、
だからこそ。


異世界を拒むのは危険だと思ったんです。


だって、行ってみないとわからないんですよ。

とりあえず売り場に行ってみなければ、
今回の東京西川の枕みたいないいものがあるってことは知ることもないんですよ。

枕で健康になれる、しかもコストが低い。なんてことは、知るよしもなかったのです。

これが貧乏人の価値観のときの私です。
超もったいないですよね。


知れば、人生が変わるかもしれないのに。
思い込みだけで枕なんかにお金かけても仕方ない、って考えて、売り場にすら行かなかったはずです。


そうしたら、
深く眠れずいつも寝不足でイライラして、
肩こりに悩まされてばかりの人生だったかもしれません。


けれど今回は、たまたま他の人に背中を押されて、
枕の世界を知ることができました。

健康になれて本当に良かったし、
売り場にいった体験だけでも相当楽しかったです。


これからは背中を押される前に
面白いものがあれば自分からドンドン取り入れて、
人生充実させていこうと改めて思いました。



おわり。


▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<