公務員の仕事にやりがいがない、かといって辞める勇気もありません。

こんにちは、渡辺まみです。
私は21歳で起業をして今はYouTubeなどでビジネスの講義をしています。

先日、ある公務員の方から、
「公務員の仕事がやりがいがないのだ」というお悩みを聞きました。

安定していて社会的な評価は良いけれど、
毎日毎日同じことの繰り返しで、刺激がないのだといいます。

公務員でも民間企業でも、
やりがいがないという悩みは実はよくある悩みなんですよね。

そういった方からも、
私のブログに出会ったのがきっかけで毎日が刺激的になりました、
という報告をいただけるようにもなりました。


ある公務員の「やりがいがない」という悩み


公務員の方だとどうしても仕事が毎日同じことの繰り返しで、
やりがいを感じづらいのでしょう。

公務員の方でよくある悩みを、
分かりやすいように、
公務員Aさんという架空人物との会話形式で書いていきますね。


私「お仕事公務員なんですね。いつも私たち市民のためにありがとうございます」

公務員A「いえいえ、そう言っていただけるだけで嬉しいですね」

私「公務員に厳しい時代ですからね…」

公務員A「そうなんですよね。非難されることはあっても、住民の方に労われるってことはまずないですね。仕方ないことですが」

私「確かに…そういう意味では、私も今だに、お客さんに直接ありがとうと言っていただけると嬉しいですし、やりがいも感じますからね」

公務員A「はい。社会には自分のような、縁の下の力持ちも必要なんだと思って仕事をしていたこともありましたが、やっぱりどうしても、やりがいがもっとある仕事をしたいなぁと感じてしまうんです」

私「公務員の仕事がやりがいがないと。なぜです?」

公務員A「毎日同じ仕事の繰り返しで、慣れてしまったというのもありますね。」

私「なるほど」

公務員A「安定していますし、職があるのはありがたいことですが…」

私「いやいや、ロボットじゃあるまいし、毎日変化がなければ飽きてもきますよね」

公務員A「ええ…それでも、昔は私も張り切ったこともあったんです。残業をしなくて済むように、仕事の効率を上げて、早く終わらせようとしたり」

私「素晴らしいじゃないですか」

公務員A「ですけど、いくら効率を上げても、サボっている人と給料が変わらないんですよ」

私「公務員だと確かにそうですね…」

公務員A「むしろ、ダラダラ残業してる人の方が残業代分得をしているくらいです。ちんたらやってる奴らが俺より給料高いと思ったら、ばかばかしく思えてきて」

私「真面目な人ほど報われないシステムですよね」

公務員A「そうなんです。だから創意工夫する気も起きなくて。今は、何事も問題が起きずに一日が終わればそれが一番、と思うことにしました」

私「創意工夫しても認めてくれないならアホらしくなりますよね」

公務員A「ですね。何をするにも前と同じようにやれ。という場所です。それで何とかなってしまうので、やりがいがないですね。ふと、こんなことなら、もっと大きな仕事ができる民間を選べばよかったのかなぁと思うときがあります。かといって、公務員を辞める勇気もないのですが…。」

私「民間も意外と、同じような悩みの人多いですよ。やりがいがある仕事できてる人のほうが少ないですよ」

公務員A「そうなんですか?」

私「ええ、公務員でも民間でも、やりがいがないという悩みって多いんです」


やりがいがないという話は、
公務員の方からだけでなく、
むしろ民間企業に勤める方からもよく聞こえてきます。

やる気がある人は本来は、
組織にとっては重要なはずなのに、
そういう人ほど報われないシステムがどこもあるんですよね。


Aさんのようなやる気のある人物が、
システムによって芽を潰されてしまうのは、
Aさんにとっても組織にとってももったいないよなぁ。


私が起業家として、こうしてブログを書いていると、
「毎日充実されていて、お仕事もやりがいがあるなんて羨ましいです!」
などと言われます。


確かに私は21歳で起業の世界を知れたのは
とてつもなくラッキーでした。

起業家の世界は、
とくに私のように1人で起業した場合には、
やればやるほど銀行口座の金額にダイレクトに跳ね返ってきます。


もちろん、ヘマをすれば収入はゼロですが、
収入を得る仕組みを知ってしまえば
大きくコケることもありません。


私のように利益率が限りなく100%に近い、
元手のいらないビジネスをしていると、
借金を背負うリスクもありません。


上昇志向でやる気のある人にとっては、
こんなにやりがいを感じられる環境ってないよなぁと、
起業家になってみて思いました。


そして得られるのは、
お金だけではありません。


お客さんから
「良いものを教えていただけてありがとうございます!」
と、感謝の言葉もダイレクトにいただけるようになり、
私めちゃめちゃ自信になりましたね。


起業家としてパワーアップすればするほど、
銀行口座のケタは増えるわ、
お客さんからの感謝のメッセージをいただけるわ、
自信はつくわ。


大学生のうちに知っておいてよかったなぁ。


私は何も自慢がしたくて
こうして記事を書いているのではありません。


やる気のある人は組織を出て、
こういった1人で起業する選択肢もある、
と伝えたくてこうして発信しています。


インターネットの登場で、
ネット上のツールを使えば、
誰でも0円で起業・副業をできる時代になりました。


私もその恩恵に預かれたからこそ、
普通の女子大生だったにもかかわらず、
在学中に月100万円の利益を生み出せるまでになりました。


信じられないかもしれませんが、
そのような世界があるということです。


私の発信を読んだことがきっかけで、起業の世界を知り、
毎日が刺激的に変わりました!という人が増えてきて、嬉しい限りです。


もちろん今は副業できないという人もいるでしょう。
そういった方も、いつの日か独立するために起業の勉強をしていたりします。


そういった方がいつか面白いビジネスを生み出してくれたら楽しいな、と思って
今はこんな発信をしています。



私自身、事業を始めるまでは、
毎日が同じことの繰り返しで飽き飽きとしていました。

当時は大学生でしたが、
熱中できるものもなく不毛な日々を過ごしていました。

寝て起きてテレビを見て、また寝る。
バイトの日はバイト行く。


という繰り返しです。


そんな日々に、
つまらなさを感じていました。


そんなある日、
起業家の世界を知りました。


見るもの聞くもの、
すべてが衝撃的でした。

自分と同じ大学生でも、
月に100万円を稼いでいる人がいると知りました。

しかもそれが誰にでも勉強すれば可能だと知り、
また驚きました。


そうしてビジネスの勉強をし始めたのですが、
これが楽しくて楽しくてハマってしまいました。


大学での日々は相変わらずつまらなかったですが、
起業の世界は天国でした。


ほんの一歩、
異世界を覗いてみるだけで、
毎日がガラリと刺激的に変わるんだなということを、
このとき初めて知ったのです。


最初は、すごそうな起業家のブログを
片っ端から読みあさりました。

授業中にもこっそり読み、
単位を落としかけるほどでした。

何を読んでも、
知らない知識のオンパレード。

知恵熱が出ました。
知恵熱って本当に出るんだなぁ。
と、思った覚えがあります。


起業の世界を1つ1つ学んでいくうちに、
知識が血となり肉となり、
さらにお金になる。

そしてお客に感謝もされる。


私にも、起業家として、
プラスのスパイラルが発動しました。

そりゃ、みんなハマるわけだなぁ。
先輩経営者の目がイキイキしていたワケが分かりました。



起業にのめりこんで大学はサボりがちになりましたが、
もはや私にはどうでもいいことでした。


大学よりよっぽどやりがいがあって、
面白い世界を知ったからです。


21歳で起業をしたあの日から、
毎日が彩りを帯びたものに変わりました。


今もしも、単純な毎日の繰り返しに飽き飽きしていて、
やりがいがないなぁと感じている方がいるとしたら、
その方も私のように異世界に行くだけでガラリと日常が変わるかもしれません。


何も起業をしなくたってよくて、
日常とは違う異世界をのぞいてみるだけでも、
ドーパミンドバドバさせることは可能ですよ。

俗世間からは離れた
刺激のテーマパークを目指して、
このブログやメルマガ、YouTubeチャンネルは運営しています。

「刺激的で面白すぎて、他のブログが見れなくなりました」
とのお褒めの言葉を良くいただきます。
嬉しいですね。

ここには建前は一切なく、
本音ぶっちゃけトークしか話していません。

価値観が合う人にだけ、
見てもらえればいいやと割り切って話しています。


お陰様でチャンネル登録者は
1000人が見えてきました。ありがたいですね。
→渡辺まみのYouTubeチャンネル


私は経営者になる前はコミュニケーションが大大大の苦手でした。
→コミュ障女子大生が経営者になってみたら人格も人生も変わった全記録

私が慶應在学中、就職の道を捨てて起業、今に至るまでの物語です。
Amazonで1000円で発売中ですが、キャンペーンで無料プレゼントしてます。
→『21歳女子大生の起業物語〜資金ゼロ、才能ゼロでも月収100万円〜』を0円で今すぐ読む


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は21歳で起業をして、
大学在学中に月収100万円を達成しました。
ないない尽くしの起業です。

当時大学生だったのでお金もなければ、
社会経験すらありませんでした。

普通のサラリーマン家庭に生まれ育ったので、
特別なコネもありません。

おまけに人見知りな性格で、
リーダーシップのかけらもない、
コミュ力の低いただの女子大生でした。

そんな何もなかった私にも、
チャンスを与えてくれたのがネットビジネスの世界でした。

自力で事業を回せるようになったことで、
自信が湧いてきたせいか、
昔の友人には性格まで明るく変わったねと言われました。
事業が私を育ててくれたのです。

そんな私の起業物語が本になりました。

Amazonで1000円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。

▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます。
→クリックして詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です