大きいiPhoneが持ちやすくなるアイテム!!私はこれで落下も液晶割れもゼロに。

こんにちは、渡辺まみです。
以前、iPhoneを落として画面がバキバキになってしまいました。
画面修理だけで1万円かかってしまい、しかも修理中はスマホなし生活に。

めちゃくちゃ凹んで、次こそは落とさないぞ!と思っても、
画面が大きいのでどうしてもスルッと落としてしまいます。

そんなある日出あった救世主アイテムを今日は紹介していきます。

iPhone大きすぎ問題


そもそもiPhoneってなんでこんな大きくなっちゃったのでしょうか?

液晶サイズとしては
5s=SE<6=6s<6Plus=6sPlus
という感じです。

iPhone5sまではちょうど良いサイズだったのに、
iPhone6、6sになって急に大きいサイズになりましたよね。。

私が持ってるのはiPhone6sです。
Plusなんて大きいからと思って普通の6sにしたのに、
十分大きいじゃないかと気が付きました。

1.iPhoneが大きいと指が届かない


普通に持ってるのに
親指が左上まで届かない!って大きすぎだと思うのです。

なので仕方なく両手で使っていましたが、
片手が塞がってる時は使いづらいことこの上なかったです。


2.iPhoneが大きいので片手操作できない


例えば電車の中で、
吊り革を片手で持っていると、
もう片方の手でスマホを持たねばなりません。


でも、iPhoneが大きいので、
片手だと届かなくてうまく操作ができなかったんです。

左上のボタンを押すときなんかは
指をふんっと伸ばして、また戻して…みたいになる。
地味にイライラがたまります。

激混みのときなんかは
もうスマホ見るの諦めて、
ぼーっと過ごしたりもしました。

けど、これってすごい損失です。

私は移動中はフォローしてる人のメルマガを読んだりと
インプットに使ってるので、
20分の移動時間にスマホ使えないだけでも、
20分の勉強時間を失ってしまうわけです。

他にも、人との待ち合わせの時間にも、
ささっとスマホでメルマガを読んだりしてます。

が、このときにも、
iPhoneが大きいので、
片手で荷物を持っているとスマホ見るだけで一苦労です。


3.iPhoneが大きいので小指に負担


しかも、落ちないように配慮しないといけないので、
変な持ち方をしていたら、
若干、小指が歪んできたような…?


↓落ちないように小指で頑張る持ち方

ss-429


このように、小指に負担がかかるのです。

よく分からなかったら、
iPhoneを持ってみてください。


こんな無理して持っていたので、
ふとした拍子に落ちまくっていたのです。


そしてある日、
油断してすぽーんと手から落ちました。


それまで知らなかったんですが、
落ちる瞬間って、時が止まるんですね。


スローモーションのように、
しゅんしゅんしゅんしゅん…と落ちていくのが見えて、

バリーン


もちろん液晶保護フィルムは貼ってましたが、
フィルムを無視して見事に割れてしまいました。
フィルムの意味・・・・・・・。


そんな時に出会ったのがこれです

パルモ(Palmo)


知人が使っているのを見て、
最初はぶっちゃけださいなーと思っていました。
見た目はたしかにださいのです。


でも、使ってみたら、
神!!!

何がすごいかというと、

1.iPhoneが大きくても指が届く

バインダー的に指を支えてくれるので、
片手で持っても落ちないのです。


ss-433
公式サイトより

ss-434
公式サイトより


このように、
ほとんど重力を感じることなく
自由に親指を動かせるようになります。

なので、
隅っこにも親指が届くんです。

物理的に、手の位置がスマホの下ではなく
真ん中らへんに行くので、
指の可動域が広がるんですね。


2.iPhoneを片手で操作できる


つまり、
片手でiPhoneが使える。ということです。

これで、片手が塞がってる電車の中でも、
楽にスマホを使えます。


両手→片手って、

地味なようで、
めちゃ大きな変化でした。


例えば。
移動中でもスマホが使いやすくなったので、
メルマガをよむハードルが劇的に下がったんです。

20分の移動時間もあれば、
たまっているメルマガを全部消化できます。

読むメルマガがないときは、
以前のものを復習してまた読んでいます。


成功している経営者の方を見ていると
本当に情報に敏感な方が多くて、
忙しい時間のどこで情報収集しているんだ?と不思議に思っていました。

ですが、よく観察していると、
忙しいのは皆同じで、
ただ成功者はスキマ時間の使い方がうまいのです。


私はかつては電車の20分すら
ぼーっとして過ごしていました。
スマホが大きいことで、出すのも面倒だったからです。


けれどPalmoでiPhoneを片手操作できるようになってからは、
気軽にiPhoneを出して、メルマガを読めるようになりました。

持ちやすいのと持ちにくいのでは、
こうも心理的なハードルが違うのか…と体感しましたね。


ときどき、情報収集しないといけないと思っても
モチベーションが上がりません!という声がありますが
それって気合いの問題じゃなく、環境が悪かったりします。


モチベーションは気合いでは保てません。
面倒くさいものはどう気合をいれても面倒なのです。

なので私は、
物理的に、面倒を消しました。

やる気を阻害するハードルを1つ1つ削除していったんです。
そのためにPalmoは非常に役立つツールでした。


メルマガを読む、ではなく、片手でスマホを操作する
これだけでも、iPhoneが大きいことで、
無意識のうちにハードルが生じていたわけです。


Palmoによって、
見えないハードルを取っ払えたことにより、
私の情報感度は劇的に向上しました。

さらに、

3.小指が負担から解放される


小指で下を支えなくていいので、
一度は曲がった小指ももとに戻った気がします。


いや正確には、
曲がってないのかもしれませんが、
曲がってるんじゃないかと思うような筋肉の負担がゼロに。
とても健康になれたような気分です。


Palmoじゃないとダメな理由


Palmo以外にも、
こういうリングをくっつければ、
確かに片手で使えるようにはなります。




けどリングって、むき出しのスマホに貼るので、
iPhoneの落下防止にはならないんですよね。


落ちにくい対策をしていても
するっといっちゃうことはあるので、
その時にリングだと、
もろスマホむき出しなのでガリッといってしまいます。


が、Palmoなら、
四隅の保護も兼ねています。


ss-436


ゴムの柔らかい素材なので、
万一落としたとしても四隅が守られて、液晶が保護されるのです。


なので安心して
片手で持ってられます。


iPhoneが大きいけどPalmoなら平気



めちゃめちゃ便利すぎて、
Palmoはずっと愛用してます。

見た目だけでダサいと思っててごめんなさい。。


確かにオシャレさはないんですが、
けど片手で操作できる便利さを一度味わってしまうと、
手放せなくなります。




PS.
小さいiPhoneSEにすればいーじゃん
と一瞬考えましたが、
容量が16GBと64GBしかなかったので断念しました。

PCもMacなので、
大きいけれどiPhone6sを使ってます。


PPS.

私が慶應在学中、就職の道を捨てて起業、今に至るまでの物語です。
Amazonで1000円で発売中ですが、キャンペーンで無料プレゼントしてます。

→『21歳女子大生の起業物語〜資金ゼロ、才能ゼロでも月収100万円〜』



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は21歳で起業をして、
大学在学中に月収100万円を達成しました。
ないない尽くしの起業です。

当時大学生だったのでお金もなければ、
社会経験すらありませんでした。

普通のサラリーマン家庭に生まれ育ったので、
特別なコネもありません。

おまけに人見知りな性格で、
リーダーシップのかけらもない、
コミュ力の低いただの女子大生でした。

そんな何もなかった私にも、
チャンスを与えてくれたのがネットビジネスの世界でした。

自力で事業を回せるようになったことで、
自信が湧いてきたせいか、
昔の友人には性格まで明るく変わったねと言われました。
事業が私を育ててくれたのです。

そんな私の起業物語が本になりました。

Amazonで1000円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。

▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます。
→クリックして詳細を見る

1 個のコメント

  • まみさん、こんにちは。

    iPhoneって確かに大きいですよね。
    私は6plusなので片手で操作できない時のイライラ感は
    めちゃくちゃ共感しました。
    特に電車はつり革持ってないと自分がグラグラするから
    離せない、だけど文字打ちたい・・・
    モヤモヤ。。。みたいな。
    結局駅で止まるときまで待って手を放して打って
    またつり革持っての繰り返しで作業どころじゃないなーって感じです。

    スキマ時間のお話しは本当にそうですよね。
    「5分だからら何もできない」と思うのではなく
    「5分あるから何かしようという」マインドが大事だなと
    私も作業しながら日々感じます。

    5分あればメルマガ一通読めるし、
    今まで勉強したメモを1P見返すだってできる。
    その意識が大事ですよね。

    モチベを維持するには環境が大事っていう
    まみさんの考えには私も同感です。

    これは最近の私の体験なのですが
    ブログを書かなきゃと思ってパソコンを開いて打つけど
    肩が痛くなってしまい、やらなきゃなーって思うけど
    肩痛くし、頭痛がしてサボる
    ・・・みたいな日々を繰り返していました。

    だからまず集中するための環境を整えようと
    色々考えた結果、ひざ上にパソコンが置ける
    ラップトップテーブルの「タボリーノ」という商品を買いました。
    これだとソファーに持たれた状態でパソコンができるから
    肩甲骨がリラックスできますし
    肩を上げずにキーボードが打てるし
    視線も斜め45度くらい下になるので首の緊張もなくなるんです。

    机の高さがいい感じになったことで
    肩こりなくなってモチベを維持できるようになりましたし
    ソファーに座ってパソコンが触ることで
    机に向かうよりもハードルが下がって
    すっと作業ができるので作業効率が上がったなーと感じています。

    この体験から本当に環境を整えるのって大事だなーって感じました。

    アウトプットも兼ねてコメントさせていただきました。
    長々とすいません。
    読んでいただきありがとうございました。

    次のブログ記事も楽しみにしてます!
    では。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です