こんにちは、渡辺まみです。
私はインターネットを利用して2年間、1人でビジネスをしています。
今でこそ最高で月に600万円以上を売上げることもありますが、最初は様々なビジネスに首を突っ込んでは失敗もしてきました。

その経験からインターネットビジネスのアイデアをまとめました。
・ぶっちゃけ、稼げるか稼げないか?(稼げる度)
・初心者でもできるほど簡単か?それとも難しいか?(カンタン度)
・金銭的リスクは?失敗した場合にどれほどの借金になるか?(リスク度)
の3点から、いち起業家として本音で採点をしました。

まずは、私の主観ではありますが、
【おすすめ度 0点】のインターネットビジネスのアイデアから発表していきます。

ネットショップ(EC)運営


稼げる度…★★☆(まぁまぁ稼げる)
カンタン度…★☆☆(難しい)
安全度…★☆☆(赤字リスクあり)


個人でインターネットビジネスを始めたい!と思って、ネットショップを始める人を多くみますが、私だったら絶対に最初にネットショップはやらないです。
その理由を、お話していきます。

まず、ネットショップの中にも様々なジャンルがありますね。

・ハンドメイド(手芸、手作りグッズ)の販売
・アパレルショップ(Tシャツショップ)
・ペット用品のショップ
・食品(野菜や魚)・飲料のショップ

などです。
これらのいずれの商品を扱う場合でも、私はおすすめできません。
なぜなら、商品を自分で用意して売る。ということは、金銭的リスクがあまりにも大きいからです。
 
服やペット用品、食品などいずれのショップを立ち上げる場合にも、
自分でメーカーと交渉するか、独自で商品開発をして、商品を準備する必要があります。

商品開発費と、在庫リスク。
この費用が、最初にかかってくるわけですね。

すると、売れなければ赤字です。
倉庫にたっぷりの在庫にため息をつくことになるでしょう。

「自分で作ったハンドメイド商品を扱う場合には、
そんなにお金はかからないよ!」と思う方もいるかもしれません。

確かに、趣味の延長でショップを出すのなら、リスクは比較的少ないです。

ただ、自分でアクセサリーを作る場合には、
時間に限りがあるので、売れる数に限度があります。

月に数千円売れればいいや。というのであれば、私は止めませんが、
数十万稼ぎたいというのであれば、もっとコスパの良い方法がある。ということはお伝えしておきます。


売れなければ赤字と言いましたが、
「楽天やYahoo!ショッピング、Amazonを使えば、勝手にお客が集まってくると聞いたから、出店してみたい」
という方もいるでしょう。

ですが、現実としては、
楽天やYahoo !、Amazonを使っても売れる人はごく一握りの人であり、
大半のショップはジリ貧です。

実際、私のもとにも度々、楽天でショップを運営していますという方から相談が寄せられますが、大半は集客に苦労している。という内容でした。

なぜなら、それらの大手モールに出店したとしても、
ライバルがすでにひしめき合っており、
その中で注目を浴びるのには自らマーケティングを仕掛ける力が必要だからです。

ゼロからお客を集める力がまだない。
というのであれば、
楽天に出店したとしてもめちゃめちゃ集客できるとは期待しない方が良いです。


楽天等で儲かるのは、
すでに自分で集客する力がある人で、

まったく自分で集客をしたことがなく、する力がない人は、
楽天に出店しても儲からない可能性が高いと私は思います。



ECは、大手モールに出店すればハイOK!というわけではなく、
難易度としては難しい方なんですね。

にも関わらず、在庫リスクもある。
ということで、私が初心者だったら頼まれてもネットショップ(EC)はやらないなーと思います。


アプリの開発



次に、アプリの新規開発。
ですが、
これもおすすめできません。

稼げる度…★★★(まとまった資金があれば稼げる。ただし、資金がないと厳しい)
カンタン度…★☆☆(難しい)
安全度…★☆☆(赤字リスクあり)

【おすすめ度 20点】

という評価です。


アプリを作っても、
資金を大量に(億単位で)使って広告をかけなければ、
大きく稼げる可能性は極めて低いです。


というのも、昨今大ヒットしているアプリというのは、
TVCMやWeb広告を売ってバンバン宣伝しまくり、
大量のユーザーを広告からゲットし、
それによりアプリストア上位をキープし、
またユーザーをゲットする…という、
資本力ゲームと化していると私は分析しています。


自由に使えるお金がすでに大量にある人にとっては
稼げる市場ではあるので、20点という評価にしました。


けれど、最低でも数百万円単位のお金を動かせない人にとっては、
アプリ単体で稼ぐのはかなり難しい。といえます。


もちろん、資金だけで決まるわけではありません。
面白いアプリのアイデアは必須でしょう。

ですが、面白いアプリのアイデアがあったとしても、
資金力がなければヒットするのは極めて難しいといえます。


資金を調達すればいいじゃんと思うかもしれませんが、
資金調達するということは、リスクを追うということでもあります。

借金をすれば当然返済のリスクがあります。

また、借金ではなく資金を返してくれなくてもいいよ。と言われても、
投資家の期待に添えなければ、
経営権を実質的に乗っ取られたりするケースもしばしば耳にします。


アプリ開発はインターネットビジネス初心者にとっては、
金銭的にもリスクが高く、ギャンブルに近い世界といえるのです。


ちなみに、今の私がもしアプリを開発するとなれば、
ギャンプルではなくある程度狙って売上を出すことはできると思います。

ですが、それはビジネスの勉強を散々してきたからであり、
初心者がやるのにはまったくオススメできません。


そして、
私が一番言いたいことは、

そもそもですが…
アプリを作るというのは、
1つの手段であって、
やりたいアイデアを実現させるためには、必ずしもアプリ開発は必要ではない。ということです。


これを間違えて、
起業を諦めている人が多く、すごくもったいないなぁと感じます。


私自身がそうでした。


昔、
ある難病の情報についてもっと広めたい!と思っていたことがありました。

そして、その難病についてのアプリを作ろうとしていたのです。

ですが、今思うと、
ある難病の情報を広めるのにアプリが必要か?といえば、
全然必要じゃないです。

いち手段としては有効かもしれませんが、
アプリを作れば難病の情報がもっと広まるかといえば、
そんなことはありません。

むしろブログ1つ作って、
集客をきちんとできれば、
多くの人がその病気について知ってくれるでしょう。

アプリというのは手段の1つであって、
アプリを作ったからと言って必ずしも夢がかなったり、稼げたりするわけではないということです。


世の中では、
起業するためにアプリや、新規のWebサービスを作らなきゃ!
といった風潮が強すぎると私は思います。


それに私は惑わされ、
一時期はプログラミングを学ぼうとしていたこともありました。

プログラミングは起業するのにあったらプラスにはなりますが、
なくても起業はできます。
私は、アプリを作らねばという思い込みにより、死ぬほど遠回りをしてしまったのです。


本当はもっとビジネスってシンプルだったんだなぁ、
と、起業してみてつくづく思います。



じゃあ、逆にどんなビジネスが良いのさ?ということですが、
インターネットビジネスのアイデアのうち、

【おすすめ度100点】なのは、

情報発信ビジネス


です。

稼げる度…★★★(すごく稼げる)
カンタン度…★★☆(勉強は必要だが、初心者でもOK)
安全度…★★★(金銭的リスクはゼロ)

という評価です。


そもそも情報発信ビジネスって何?というと、
例えば

・ブログで記事を書く
・メルマガを書く
・You Tubeで発信する(動画制作)

というものが王道ですね。
ちょっとハードルが高いな…と感じる方もいるでしょうが、
実はそんなに難しいことではありません。


もっと難易度の低いものでいえば、
Twitterで「この漫画面白いなー」とつぶやくのも情報発信です。

インタネットで発信する、それだけでビジネスなんて成り立つの?
と疑問に思われるかもしれませんが、正しいやり方さえすれば実は可能なのです。


ブログで稼ぐ。なんていうと、
お小遣い程度をイメージされる方が多いですし、
私もそう勘違いしていました。


ですが現実には、
それ以上の世界が広がっていました。


私はブログ等の情報発信ビジネスで、
月に最高600万円の売上を出すことができました。


別に、斬新なアイデアを閃けるような天才だったわけではありません。


起業したのは21歳、女子大生の時です。
当然、ビジネスの知識はゼロ。社会経験すらない、普通の大学生でした。

文才だってありませんでした。
読書感想文すらヒィヒィいいながら文字を埋めていた人です。


そのような状態からでも、
インターネットで情報発信するビジネスだけで今や暮らせるまでになったのです。




何を売ってそんなに稼いでいるのか?というと、
主に広告収入のモデルを採用しています。


自分のブログなどに、
商品の広告を貼っておいて、
商品が1つ売れたら、売上の何割かが私のところにマージンとして入ってくる。というものです。


それでお小遣いどころか、
生計をたてられる以上のゆとりある暮らしができるようになりました。



もちろん、勉強は必要ですよ。
努力しなくても稼げる!などと言うつもりはありません。


ブログをやったけど稼げない。という人もいますが、
そういった人たちは99%、正しいビジネスのやり方を知らないだけです。


ただ書きたいことを書けば稼げる。
というわけではありません。


文章には文章のルールがあり、
そのルールに則って書いているか?
それとも、ルールを無視して書いているか?により、結果は大きく異なります。


なので、難易度としては★2つ。
ただし、正しい勉強さえすればビジネス経験ゼロでも稼げる文章をかけるようにはなります。


文章のルールといっても、
学びさえすれば高校生でもできるような単純なルールです。


会社でいくら頑張っても給料が上がらないという人が多いなかで、
勉強すればするほど報われる情報発信ビジネスは、
なんてコスパがいいんだと思いますね。



そして…
なぜ私がインターネットビジネスの中でも、
情報発信ビジネスというアイデアを押すのか?
には、もう1つの理由があります。



それは、
金銭的リスクがないに等しい。ということです。


先ほどの、インターネットショップ(EC)ビジネスと比べてみましょう。

インターネットショップ(EC)ビジネスは、
在庫リスクがあり、商品を売れなければ赤字でしたよね。

に対して、
インターネットでの情報発信ビジネスは、
広告収入のモデルなので、在庫というものがありません。

なので、情報発信ビジネスは、
仮に売れなくてもゼロであり、赤字にはなりません。

つまり金銭的リスクがゼロということです。
ここが初心者に私が情報発信ビジネスをおすすめする理由です。



私が起業した時は大学生だったので、
資金もなく、ましてや借金などできない状況でした。

そのような状況でも起業にトライできたのは、
もし失敗しても赤字にならないビジネスを知っていたからです。



起業して色々な人に出会ううちに思ったのは、
ビジネスにトライしたいと思っている人は多いのに、
借金が怖くてなかなか挑戦できない。と諦めている人が多いなぁということです。


本当は金銭的リスクなんてないやり方もあるのに…
もったいないなぁと感じました。

私はビジネスをする仲間が増えて、
もっと世の中が面白くなっていけば良いなと思っています。


そこで、私の経験を本にすることにしました。


私が慶應在学中、就職の道を捨てて起業、今に至るまでの物語です。
Amazonで1000円で発売中ですが、読者の方にはキャンペーンで無料プレゼントしてます。

→『21歳女子大生の起業物語〜資金ゼロ、才能ゼロでも月収100万円〜』



起業って実はお金かからないんだなぁ。
ということをまずは知ってもらうだけでも、起業のハードルがぐっと下がることと思います。



PS.

インターネットでビジネスを始めるのに、
斬新・奇抜なアイデアは実は必要ありません。

むしろ起業して稼いでいる人の中には、
古臭い、地味なビジネスで稼いでいる人の方が多いなぁと体感しています。

私が尊敬しているある1人の経営者の方について、
こちらの記事に書きました。

私が起業して衝撃を受けた出来事の1つです。
→年収1億円の世界を見てきた。大学では絶対に出会えない経営者との会話


PPS.

ある程度マーケティングを学んでいる人にとっては
アプリを利用して低リスクで莫大な収益を得る方法もあるにはあるのですが、
その場合はどちらかというと情報発信ビジネスに属するかなと思ったのでここでは分かりやすくするために省略しました。

アプリはビジネスモデルなんかじゃなくて、手段でしかないんだよなぁ。



▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<