地元友達との会話「暇で暇でやることがなくて困ってる」

明けましておめでとうございます!
渡辺まみです。

2016年も頑張っていきましょう!



お正月に地元の友達(大学生)と久々に会ってきました。
めちゃ懐かしかったです。


3が日というのもあって田舎の地元はどこも閉まっていて、
結局となり町のデニーズで集まることに。


そこでランチしながら色々話していたんですが、
ある1人の友達が
「暇で暇でやることがなくて困ってる」って言っていたのが
わりと衝撃でした。





友達いわく、

A「遊ぶ予定もなんにもない日は、
ひたすらtwitterとソシャゲを往復してたら一日終わってるんだよね」

B「わかるー!私も起きてる時間より横になってる時間のほうが長いかも」

私「外出たりはしないん?」

A「外出は、頑張ってスーパーかな。
買い物して夕飯まで作ったら、あー今日は活動したわ〜ってなる」

B「毎日つまんないけど、他にやることもないしなぁ」


実際、他の友達からも
こういう悩み聞きますからね。


私もビジネスはじめたからこそ、
フィルターが身について、
やりたいことが無限にでてきてますが、


ほんのすこし昔はやりたいことすら
思いつかなかったです。


確かに、毎日毎日暇でした。
やることなくて真剣に困ってましたね。


ただ今は
勉強か、遊びか、仕事か、家事か…
そのどれかしらは常にやってます。



頑張ってやってるわけじゃなくて、
やりたいことがありすぎて
やってもやっても消化しきれないんです。

特に、遊びと勉強。
これはキリがないです。


もちろん、忙しい日が続いた後に、
休息するためにあえて何もしない。というのはありますが、
基本的には何かやってます。




暇だった頃は、
なんとなくぼーっとしてるうちに
気づいたら深夜2時とかになってて、
充実感なかったなぁ。



もちろん暇の捉え方は人それぞれで、

「何もしないのが私にとっての幸せなんだー!」という人は
それはそれで良いと思います!
暇を満喫できるわけですからね。


けど、私自身そうだったように、
本当は何かしたいけど、
何やっていいか分からない…という人にとっては
暇というのはかなり辛いことだと思います。


じゃあ何をしたら良いのか?と考えてもわからなくて、
迷って迷って迷いの森に入ってしまいます。


気持ち的にも、
雑誌みてるだけで何もしてない自分に嫌気がさしてました。


自分に自信がなくなって、やる気がなくなって、
結局またtwitterを開いたり、Facebookみて…の無限ループでした。


そんな迷える大学生(というか昔の私)に向けて、
昔の私の経験を踏まえて動画をとってみました。


◎休みの日ヒマで仕方ない大学生は何をしておくべきか





ではでは!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は21歳で起業をして、
大学在学中に月収100万円を達成しました。
ないない尽くしの起業です。

当時大学生だったのでお金もなければ、
社会経験すらありませんでした。

普通のサラリーマン家庭に生まれ育ったので、
特別なコネもありません。

おまけに人見知りな性格で、
リーダーシップのかけらもない、
コミュ力の低いただの女子大生でした。

そんな何もなかった私にも、
チャンスを与えてくれたのがネットビジネスの世界でした。

自力で事業を回せるようになったことで、
自信が湧いてきたせいか、
昔の友人には性格まで明るく変わったねと言われました。
事業が私を育ててくれたのです。

そんな私の起業物語が本になりました。

Amazonで1000円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。

▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます。
→クリックして詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です