※この記事は下記の連載記事です。
→ただのコミュ障だった私の起業ストーリー ~幽霊と呼ばれた私がビジネスをはじめて人生変わった体験記~

___


ネットとリアルのコミュニケーション力

___


コピーライティングを使ってブログを書いていったら、
感情を上手く伝えて相手の心を動かせるようになったおかげで、
私にも固定の読者さんができるようになりました。


はじめて自分のブログにコメントがついたときは
スクリーンショットを撮って保存するくらい嬉しかったですよ!!


「面白いですね!」かなにか、たった一言でしたが、
自分の書いたことに反応があるのはここまで嬉しいものなんだなーと!


コピーライティングに出会ってなかったら、
このたった1コメントすらもらえなかっただろうな、と考えると、
学んでなかったらやばかったなー。と改めて思いました。


それからは、ライティングスキルを高めれば高めるほど
PVが伸びていったので、
仕組みをつくって収益化していきました。



「私、やればできるじゃん!!!」






結果がでると同時に、
自分に自信がついていったのを覚えています。



まさか、
幽霊といわれるほど何考えてるか分からないと言われた自分に
「次の発信を楽しみにしてます!」というファンができるなんて、
想像もできなかったことですよ。


昔の私が今の私をみたら、
誰これ、私!?ってポッカーンとすると思います。


それぐらい変わりました。


そして、なにより。
自信がついたことで、びっくりするくらい素直になりました。

今までは自分の心のうちを
さらけ出すなんて絶対できなかったのに、、
人ってこんなに変わるんですね。


匿名のブログとはいえ、
最初は自分のことを書くなんて怖くてたまらなかったですもん。

けど今は、
本音をそのまま書けるようになりました。




カッコつけた記事をかいてた時もありましたが、
まったく無意味だと思えます。

ありのままの自分をさらけ出さないと
まず、リアリティがなくなります。



中身が伴ってなけりゃ単純につまんない記事になるし、
一瞬で見ぬかれます。


そういう記事を昔は書いてしまっていたから、
読者が1人もできなかったんですよね。
(今はそのブログは消してしまいましたが、記事は保存してあります。
時々見返して初心にかえっています笑)




素直になれたことは、自分の中では大革命でした。
幼稚園児のころからひねくれまくってましたからね。


ブログとはいえ、
自分の気持ちをさらけだせるようになったんです。
すごい変化ですよ。


それがなぜできたかというと、
コピーライティングを使いはじめてから
私の発信を読んでくれる人が明らかに増え、「自信」がついたからです。


「読者増えたらどう見られるかを意識するようになるんじゃないか?」
と思うかもしれませんが、そんなことはありませんでした。


読者が増えて自信がついたことで、
「相手が自分のことをどう思っているか?」なんて、どうでもよくなったんですよ。


今まであれほど自意識過剰だったのがバカみたいに思えて、
承認欲求がみるみるうちに減っていきました。



それに、何か意見をいったところで、意外と否定されないなぁ。
ということも知りました。


もし否定されたところで、
その人とは付き合わなければいいだけですからね。
失うものなんてなにもありません。



そう考えると気が楽になって、
積極的に気持ちを伝えられるようになりました。


そうしたら、ブログで意見を言えば言うほど、
それを受け入れてくれる人、
つまり、価値観の合う人が私のもとに集まるようになりました。



承認欲求をゼロにしたことで、
かえって、まわりに承認されるようになったんです。



こうして私は、
「言葉」を上手に使った結果、
「自信」を手に入れました。



私が正直に発信することで、
共感してくれる読者がどんどん集まったのが単純に嬉しかったし、
ビジネス上もいいことばっかりでした。


それでまた自信がついて、
もっと素直に発信できるようになりました。


素直になればなるほど
また共感してくれる人が増えて、ファンがついていって、、、と、
良い循環がうまれていきました。



長年私がコミュニケーションに苦手意識を持ってたのは
変なプライドを気にしすぎていたからです。


プライドを捨ててからは、何も怖くありません。
ネット上では無双です。



じゃあリアルの場では
どうだったかというと・・・



コピーライティングを学び始めて数ヶ月がたった頃、
ある人に招かれてとある懇親会に参加しました。



ただでさえ初対面の人が苦手な上に、
それまではビジネス関連の懇親会にはほとんど行ったことがなかったので、
ド緊張して会場に向かいました。



すごい人がたくさんいるんだろうなー…
と、思うと心臓がバクバクして、
お腹がぎゅーっと痛くなりました。笑



それでもなんで行ったかというと、
面白い人に出会いたかったからです。

私がビジネスをしているのは、
お金や自由な時間はもちろん、
面白い人に出会う確率をあげるためでもあります。




その集まりは、
実力を持った人ばかりが集まる会だったので、
緊張しながらもワクワクしながら会場に向かいました。

その日は立食形式の軽いパーティーのような感じで、
30人くらいの人が集まっていました。

こういう会は苦手だなぁ、、、
と思いながら、会場の隅っこでウーロン茶を飲んでいたときです。




ある年配の男性に話しかけられました。

それで、しばらく会話していました。


確かコピーライティングの話だったかな。


ちょうど学んで、サイトで使い始めたばかりだったので、
その感動を伝えるべくべらべら私がずっとしゃべってました。



すると、その人は「なるほどー」とうなづきながら
スマホを取り出してメモをとりはじめたんです!



私よりずっと年上の方が
メモを!?!?



一瞬理解に苦しみました。



「勉強になります、ありがとうございます!!!」と言われ、
私は思わずキョトンと間抜けな顔をしてしまいました。




私はコピーライティング術を学んで
当たり前のように実践してきましたが、
そんなにすごい技術だったのか!!!と改めて思い知らされました。



自分の話にみるみるうちに、
目の前の相手が引き込まれていくのが見て取れて、正直楽しかったです。



それによく考えたら私、
初対面の人にこんなにもべらべら話せたことなかったよなーと、
後から気付きました。


素直に自分の体験をブログに書く癖がついていたので、
失敗談を素直に話すことになんの抵抗もなくなっていたんです。




今までだったらそんなこと、
恥ずかしくて絶対にできなかったですよ、
カッコ悪い部分は全部隠す!っていうのが昔の私でした。

その状態のままだったら、
絶対にあの懇親会でであった男性に話をするなんてことはできませんでした。
むしろ、話をずっと聞いている側になっていたはずです。

ましてや、うんうんとうなずきながら
メモをとられるなんてことは絶対にありえなかったです!




けどあの時は、
承認欲求が吹き飛んでいたので、
相手にどう思われるか?なんて一ミリも考えずに話せてました。



何を言ったら楽しんでもらえるかな?
この話をしたら面白いかな?
っていうのをフル回転でずっと考えて話していました。


自分の失敗を話すのも、
相手のためになるのならとすべてさらけ出しましたね。


ブログを書くときと同じです。
相手を楽しませたり、喜ばせるために発信していました。


リアルの場で、しかも初対面の人相手に、
無意識のうちにできていたのには、自分でもびっくりしましたよ。



そうやってしゃべりまくったら、
帰り道で、その男性が駆け寄ってきて、
「今日は本当にありがとうございました!」と声をかけてくれました。
家に着いてからもFacebookでメッセージが来て、相当感謝されました。


「相手に価値を提供するってこういうことか!」と、肌で感じたはじめての体験です。
自分が先生になったみたいで、なんだかドキドキしました。



振り返ればあれが
はじめての「コンサルティング」でしたね。



もちろんあの時はお金をいただいたわけではないですが、
いつのまにか自分に、
相当な価値を提供するスキルが身についていたことを知れました。




承認欲求が下がっていてよかったなーと心底思います。

プライド高いままだったら、黙りこくって、
何にも提供できなかったに違いありません。





また別の集まりに行ったときには、
初対面の人と話していたら
「ぜひコンサルティングをして下さい」という話になることもありました。



懇親会には遊びにいっただけで、
売り込みをしに行ったわけでもなんでもなかったのですが、
話をしていただけで意図せずしてお仕事につながったんです。




私の話を聞いて、
価値があると感じてもらえた証拠なので、単純に嬉しかったです。

その方は、一回りも年の離れた女性の方なのですが、
年齢関係なく素直に学ぶ姿勢が素晴らしいな、と思ったので喜んで受けることにしました。




私はあまり懇親会のような場所に行くことはないのですが、
たまに行くと毎回何かしらの出会いがあります。
私が素直になってなかったらこんな風にはいかなかったです。




他にも、価値観の合う人と会で仲良くなって、
会が終わってからも関係が続く…というのが起こるようになりました。



何を当たり前の事を言ってるんだ?
と思うかもしれませんが、
私にとってはそれがすごく新鮮なことだったんです。笑




いかにこれまで自信がなくて損していたか、
痛いほどよく分かりました。

昔は、恥ずかしい、怖い、と怯えて、
自分のプライドを守ることに必死だったので、
人に深く話をしたり、何か情報を提供したりする視点がゼロでした。




だから浅い付き合いしかできなかったのです。
その場限り、ちょろっと会話して終わってしまうようなことがザラでした。

「この人面白そう!」と思う人がいても、
話しかけるのにびびってスルーしてしまって、チャンスをムダにしてしまうこともありました。


懇親会にいっても何にも得られません。
楽しくないです。



大学の友達で、初対面の人とも遠慮なく喋りまくれる友人がいるんですが、彼女を見るといつも
「なんであんなにペラペラ言葉が出てくるんだろう?」と不思議で不思議で仕方ありませんでした。


サークルの飲み会でも、
気がついたら会話の中心にいるような人です。
まわりが知らない人だらけのなかでも関係なく、私は私!と堂々としてるのがいつもカッコ良くて。


私もあんなふうになりたいなーと思ったけど、
あれは天性の才能だと思って諦めてました。




コミュニケーション能力は、生まれつきのものだ!
と勘違いしていたんです。



けど、今思えば、
彼女のようなコミュニケーション能力の高い人に、
必ずしも特殊なスキルがあるというわけではないんですよね。

むしろ、そういう人たちの中にも、
昔はシャイだった〜っていう人がかなりの割合でいます。
みんなどこかで乗り越えてるんですよ。



私も実際、自信がつき、承認欲求が減ったおかげで、
カッコつけてても仕方ないんだ!と学びました。


それがめちゃめちゃ大きかったです。
コミュニケーションの悩みが一気に吹っ飛びました。

自分をよく見せることに全力を尽くしていても、なんもいいことなかったなーと、
改めて今までの人生を振り返って、後悔しました。




自分!自分!だと、相手に何も与えられないですからね。
そんなことしてたら当然、自分にもなにも帰ってきやしません。
ちっぽけなプライドが守られるだけです。

そのことに気づけたというだけでも、
ビジネスをしていて良かったなと思います。




もちろん、
この1年で100%変われたというわけではないですよ。

21年の習慣というのは恐ろしくて、
未だに一歩引いてしまう癖があります。
素直に「これしたい!」って言えずに後で「しまった…」って反省することも時々ですが、あります。




とはいっても、
今もしタイムスリップして1年前の自分に会ったら、
直視できないだろうなー、、というくらいには変わりました。

昔のブログの記事をときどき見返すことがありますが、
あまりにも自意識過剰なのが文章にあらわれてて、
めちゃ恥ずかしくなります。




けどそれも、
自分が変われた証拠です。

昔の自分をみて、
あー、今と一緒だな。って思ってたらやばいですからね。
成長できたからこそ、過去を恥ずかしくおもうわけです。




それに、こうして文章にして振り返っていると、
私の隠したいような失敗も、
他の人にシェアすれば少しは報われるなぁと思うわけです。

私自身も人の失敗から学ばせてもらうことは多いですしね。




だからこそ、
自分の失敗や経験をブログやメルマガなどで発信していますし、
これからもしていきます。




そのことで、
誰かの悩みを1つでも解決できればいいなと思います!

ここまで読んでいただきありがとうございました!


▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<