フランチャイズで失敗パターンはこの5つ。成功者との違いは?

こんにちは、渡辺まみです。
過去に知人がフランチャイズで開業したのですが、
失敗してあっけなく潰れてしまいました。

最近、元フランチャイズ経営者です。というような方から話を聞いて思ったのは、
フランチャイズって経営の初心者向けじゃないよな。ということです。

フランチャイズなら簡単にできるイメージがありましたが、
実態をみていくと失敗するケースの多いこと多いこと…

もしも私が何も知らずにフランチャイズに手を出していたら、
相当悲惨なことになっていただろうとゾッとします。

私はフランチャイズではなく、自分のビジネスを持つ道を選んだことが幸いして、今は金銭的にも時間的にもゆとりある生活を手に入れました。
今日は、1人の経営者としての考えを書いていきますね。

まずは、よくあるフランチャイズの失敗について。

フランチャイズの失敗原因は色々ありますが、
大まかに言えば、5つのパターンに分けられます。

フランチャイズの失敗1:資金がなくなって失敗


資金が底をつきて廃業というのが、
フランチャイズで失敗した人が最終的にいきつくゴールです。

せっかく独立するぞという気概があったのに、
お金がなくなって夢を諦めるというのは、
めちゃめちゃもったいないことだなぁと思うのです。

で、なんでお金がなくなるか?ですが、
これは業種によっても変わります。

人件費に圧迫されるパターン、
売れなくて在庫だらけのパターン、
借金の返済が大きすぎるパターン…

色々ありますが、
やはり最初に多額の借金をしてビジネスをすると、
お金のリスクはそれだけ高まります。

私は、最初は資金ゼロでビジネスを始めました。
融資を受けることもなく、ゼロ円で経営者になったのです。

そのような道で自分で事業を始めれば、
毎月の返済もゼロです。

が、フランチャイズの場合は、
初期費用や運転資金が莫大にかかるものが多く、
構造的に資金が底を尽きやすいのです。


お金がなくなれば、
精神的にも余裕はどんどん減っていく。
債務のプレッシャーに押しつぶされてしまっている人も大勢います。

それだけは、嫌でした。

だからこそ、
私はフランチャイズは選びませんでした。

初期費用も、運転資金もほとんどいらないビジネスをしたのです。
詳しくは後ろに書きます。


フランチャイズの失敗2:集客が分からない


集客が分からない。
これは致命的です。

人をどうやって集めるか?を知らず、
ただチラシを配っておけば良いかなという発想では、
やはり経営は失敗に近づいていきます。

しかもたちの悪いことに、
色々な媒体が広告を出しませんか?と、勧誘してくることも。

そのような勧誘に惑わされ、効果のない広告をバンバン売った結果、
資金が底を尽きて失敗。というパターンもあります。

集客とは、どうやるべきか?を、
私は資金ゼロのビジネスを通じて学びました。

どうやったらお客が集まるのか?
は、実は知ってしまえばそんなに難しいことではないのですが…

例えへんぴな田舎に開業しても、
客足が止まらない状態にする方法がパッと思い浮かばなければ、
フランチャイズで稼いでいくのは相当困難でしょう。

でも、それは勉強をすれば誰でも分かることなので、
そこは安心して欲しいなと。

ただ、集客の勉強はマストですよ。
ということです。

フランチャイズの失敗3:変化に対応できない


時代の変化。
環境の変化。

例えば、リーマンショック。
不況が訪れました。

「リーマンショックで調子悪いよ」
と、景気を言い訳にするフランチャイズオーナーをたびたび見かけますが、
そのような発言をする人は大半が失敗しています。

に対して、成功するフランチャイズオーナーは、
どのような時代・環境がやってきても、
関係なく儲けています。

不景気だろうがなんだろうが、
モノが売れる仕組みを知っていれば、
売ることは可能なんですよね。


時代に関係なくモノが売れるロジックを知っているかどうか?が、
フランチャイズの成功・失敗を分ける鍵です。

これも集客と同様、
いくらでも学んだら身につくものなんですが、
多くの書籍では明らかにされていません。

しかもたちの悪いことに、
フランチャイズの本部すら教えてくれなかったりするという…

教えてくれないというか、
正確にいえば、教えられる人がいないのです。

そういう意味では、
集客のロジックも、
時代に流されないロジックも、
私は知っている人から直接学べたのでラッキーだったなと感じます。


フランチャイズの失敗4:依存心が強い


全然売れない時に、
フランチャイズ本部のせいだ!と、思う気持ちは分かるのですが、
ただ文句を言うだけで思考ストップする人はフランチャイズオーナーでは失敗する人が多いです。

フランチャイズはそもそも、
本部の人が戦略失敗したら、フランチャイズ加盟店も失敗するという、
運命共同体です。

だからこそ、
本部がぱっぱらぱーな戦略を指示してきたときに、
「ふざけんな!」というだけでなく
「こうしたら儲かるな」と自分の頭で儲かるルートを作れる能力がいるんです。

ふらんちゃいず本部というと、
学歴があって頭いい人が集まってるイメージあるかもですが、
彼らは会社員ですからね。

リスクをとって経営するのと、
サラリーマンとしての能力は別です。

会社員である本部社員がいくら親身になってアドバイスしてくれても、
彼らには経営のスキルはほとんどないのです。

そのような人には頼らず、
自力で経営を回していく能力がなければ失敗へと歩みをすすめてしまう。


そう考えると、
フランチャイズ=初心者でも簡単!というアピールをしている企業は
とんだホラ吹きだなと個人的には思うのですが、、、、

フランチャイズ、めっちゃ難しい部類ですよ。
死ぬほど勉強して、勉強して、勉強しない限りは、
失敗しないでいきなり成功するのはかなりのハードルです。


フランチャイズの失敗5:本部の失敗の影響を受ける



フランチャイズは難しい。というのは、
フランチャイズオーナーの能力の問題だけではありません。

いくらオーナーが優秀でも、
本部の戦略がダメなら、
その影響をもろにうけてしまうのがフランチャイズなのです。


大手ならブランド力もあるし、安心。と思いますか?


数年前のマクドナルドを思い出してください。

異物混入やメニューの廃止で避難をあびまくり、
業績が急に悪化しましたよね。

フランチャイズ店舗も、
その影響で廃業を余儀なくされました。


食品偽装は、
加盟店側の責任は一切なくて、
むしろ本部の被害者だとすら言えるでしょう。


ですがそのような影響も、
フランチャイズである限りは逃れられないんです。


あの時は、たまたまマクドナルドでしたが、
居酒屋がブラック労働で評判を落とすこともありましたし、
どの業種が一気に潰れるかは分かりません。


情報を集めようとしても、
企業が公式に出している情報は良いことが基本書かれてますから、
フランチャイズ契約する前にすべてを把握するのは困難です。


それを踏まえると、
フランチャイズって頑張らないと稼げないのはもちろん、
頑張っていても上の影響で一気に廃業に追い込まれることもある。という、
非常にリスキーな業態だよなぁと私は思うんです。

もちろん、
資金に余力があるなら構いません。


ですが、自由に使える貯金が1000万円すらない。という状態では、
万一失敗した場合にあとがないです。

そのようなリスクを背負ってまでやるような、
美味しいビジネスとも思えません。


私は、一切の金銭的リスクを追わず、
資金ゼロで起業をしました。


大学生の時、
社会経験すらまともになかった頃です。


そのような状態でも、
コストのかからないビジネスを選んだおかげで、
試行錯誤し放題。



なぜなら、ブログだったからです。


ブログなら、
仮に失敗しても、
赤字になりようがありませんでした。


だから、いくらでも稼ぐ方法を見つけるまで、
挑戦し放題なんです。


周囲を説得しなくても、
今すぐにでも始められますしね。


そんな自由度の高いビジネスに出会ったおかげで、
月収は10万、20万、50万…と伸びていき
いまでは働かずとも、不労所得を得られる生活になりました。

20そこらの大学生が、
ブログちょちょっと書いただけでそんなこと出来るのか?

と、自分でも最初は信じられなかったです。


成功したのは、
ひとえに低リスクなビジネスから始めたからでしょう。

成功には、段階があるわけです。
いきなりハイリスクなビジネスに取り組むと、やはり失敗する可能性は高い。

であれば、少なくとも貯金1000万貯まるまでは、
まずは低リスクなビジネスからスタートして、
そこで成功して経営の腕を磨いてからハイリスクなものにチャレンジする。


というふうに、
ステップをふんでいくのが一番ベストな起業の流れかなと、
個人的には思います。



もし。
経営経験のなかった私がフランチャイズに手を出していたら?

赤字を垂れ流し、
またたくまに潰れてしまっていたでしょう。


多額の借金を抱え、
返済のために働く日々です。
そうなれば、返済できるまでは二度と、独立の挑戦もできなくなります。


いきなりハードルの高いフランチャイズビジネスに取り組むと、
自分の可能性を狭めてしまいかねないのです。


そういう意味では、
今のビジネスに最初に出会えたことは、
最高にラッキーだったな。と思えます。


私が慶應在学中、就職の道を捨てて起業、今に至るまでの物語です。
Amazonで1000円で発売中ですが、キャンペーンで無料プレゼントしてます。

→『21歳女子大生の起業物語〜資金ゼロ、才能ゼロでも月収100万円〜』



私は経営者になる前はコミュニケーションが大大大の苦手でした。
→コミュ障女子大生が経営者になってみたら人格も人生も変わった全記録


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は21歳で起業をして、
大学在学中に月収100万円を達成しました。
ないない尽くしの起業です。

当時大学生だったのでお金もなければ、
社会経験すらありませんでした。

普通のサラリーマン家庭に生まれ育ったので、
特別なコネもありません。

おまけに人見知りな性格で、
リーダーシップのかけらもない、
コミュ力の低いただの女子大生でした。

そんな何もなかった私にも、
チャンスを与えてくれたのがネットビジネスの世界でした。

自力で事業を回せるようになったことで、
自信が湧いてきたせいか、
昔の友人には性格まで明るく変わったねと言われました。
事業が私を育ててくれたのです。

そんな私の起業物語が本になりました。

Amazonで1000円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。

▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます。
→クリックして詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です