※この記事は下記の連載記事です。
ただのコミュ障だった私の起業ストーリー ~幽霊と呼ばれた私がビジネスをはじめて人生変わった体験記~

___


はじめてのブログで大失敗

___


あるとき、なにげなくインターネットサーフィンをしていて、
たまたま「ブログは稼げるらしい」という情報を見つけました。



飛びつきました。



ブログ!?ブログって、あの日記みたいなやつだよね。
それなら私でもできるかも…




そのブログによると、
どうやら、「個人でお金を稼ぐには、ブログで情報発信力をつけるのが一番の近道」ということでした。




私は、大学に入ってからは時給900円の飲食店やビラ配りなど、
単発のアルバイトをしてお小遣いを稼いでいたので、
「うそやろ、そんなわけはない、、」と疑いながらも、その記事に釘付けになりました。



「家でブログを書くだけで働かなくてもお金が手に入る」だなんて、
怪しいニオイプンプンじゃないですか。


しかも、ウェブサービスを開発するのと比べると
ブログって、めちゃめちゃ地味です。


数百円ならともかく、
数十万円、数百万円をブログで稼ぐなんてあり得ないと思いました。





ただ、私は何か新しいものをみたときに
偏見や先入観で判断するのがキライなので、

自分の手を実際に動かしてやってみるまでは、
怪しいから駄目だ!と決めつけることはできないタチだったんです。


で、
とりあえずブログ作るだけならタダだし、
と思って、アメブロに登録しました。




で、何を書こうかな〜と迷っていたんですが、
ちょうど、カロリー制限で15kgのダイエットに成功したあとだったので、
ダイエットのブログを作りました。



こうやって書くと、
順調にみえるかもしれませんが、全然そんなことはなかったです。



ブログって、
インターネットで全世界に公開されるんですよ。


怖いじゃないですか。


もしかしたら、
地元の友達に発見されて読まれるかもしれない…
それは絶対嫌だ!



と思うと、
何を書いたらいいか全く分からなくなって、頭真っ白です。
ネタが全然思い浮かばなくなりました。



けどそこで、
そうだ、本名じゃなくてハンドルネームにすればいいんだ。
ということに気づきました。



それで適当にハンドルネーム考えて、
ブログを作りました。


ここまでは良かったのですが、
いざ記事を書くとなると、筆がすすみません。



匿名なのに、
他人にいい人に見られたい!モードに突入。



これ言ったら読者に嫌われるかな…
いやでもこれ言ったら反対する人いるよな…


とか
考えてたらキリがなくて。



「嫌われないように」ってめっちゃ気にしてました。



そんなんだから、
1つ書くのに何時間かかってるんだ?
ってくらいかかります。




書いても書いても
まったく書き終わりません。



なんとか1記事書き終えるころには、
「もうブログなんて嫌だ!無理だー!」と疲れきってしまいました。



しかも、
あまりにもまわりに嫌われないように気をつかいすぎたせいで
ブログの内容が、めーーーーっちゃつまんないんですよ。



道徳の授業みたいなブログ。
「過度なダイエットするのは身体によくないので、気を付けましょう♪」とか書いてました。


そんなん誰でも知っとるわー!!!
と、昔の私にツッコミを入れたいです。



超つまんないじゃん!
そりゃーアクセスこないよ!
誰も読みたくないもん!!!




実際あのときは、
頑張って何記事も、何記事も書いたのに、
ぜんぜんアクセスがこなくてしょげてました。



なんでアクセスこないんだろう?
いい情報を提供してるのに…と不思議でなりませんでした。



いくら役立つ情報を提供しても、
つまんなけりゃそれはゴミです。見向きもされません。

そのことを知りませんでした。




その証拠に、
アクセスが1日2〜3もきませんでした。


アクセス解析の画面みて毎日絶望してました。
なんでアクセスがこないのか、本気で分かりませんでした。



頑張ったのに成果でないわ、成果にならない理由もわかんないわで、
ただひたすら悲しかったです。



しかも、「なんなんだよー!!!」とイライラして、
お菓子ドカ食いしていたら、みるみるうちにリバウンドしました。


ダイエットブログのブログ主がデブになってどうすんだー!
せっかく15kg痩せてたのに台無しです。





そもそも、
なんでつまんない記事になってたか?
というと、本音で書いたら読者に嫌われると思ってたからです。


だから誰にも嫌われないような、
当り障りのない無難な記事を量産していました。



けど結果は、
つまんないから誰にも読まれなかったんです。



私の人生、
変なプライドのせいでカッコつけて損しすぎですね笑


少なくとも、1年前にビジネスを本格的にはじめるまでの
21年/22年はひねくれてましたからね。


これまでのうち95%もの間、
素直になれなかったことでソンしてきたということかー。
しまったなー。




仮にこれが趣味だったらいいですよ。

趣味としてのブログなら、
自分の書きたいことを自由に書いていればいいだけです。




けど「資産としてのブログ」を作るのであれば、
無難な記事をかいても誰にも読まれません。


それよりも、
本音で書いたほうが面白いです。
リアルな記事ほど読まれます。



そこで仮に変な文章を書いちゃったとしても、
なんのダメージもありません。



だって読んだ人からしたら、
つまらなかったらつまらなかったで
「ふーん」とブラウザバックして終わりです。


どんだけ最悪な文章をかいて公開したとしても、
相手には一瞬で忘れ去られるだけなのです。



それが理解できていなかったので、
カッコを気にするあまり、成果が全然でませんでした。




そうこうしている時に、
あるビジネスの先生に出会い、
私は「人の心」を学ぶことになりました。


具体的にいうと、
心理学をベースにした「コピーライティング」という技術です。
これを基礎から徹底して学びました。



コピーライティングっていうのを
最初に聞いた時は
「コピーライティングって、電車のつり革広告とかに載ってる
一言を考えるやつだよね?それがなんの役に立つの???」

って思いましたが、違いました。


私の学んだコピーライティング術というのは
もっと広い意味でのコピーライティング。


ひとことでいえば、言葉の技術です。

言葉はみんな使ってるものなのに、
言葉を正しく学ぶ機会ってないですよね。


学校でも教えてくれません。


私は、学校の作文がずっと苦手だったし、嫌いでした。
作文の原稿用紙1枚埋めるだけでヒイヒイいってました。
10枚とか書いてる友達がいて、天才か!と思いましたもん。


当時は書き方なんてわからなかったし、
書き方に型があることすら知らなかったです。


先生に聞いても教えてくれませんでした。
それどころか、「自由に書きましょう」って教わりました。


自由に書く?かえってむずかしいよー!
原稿用紙半分も埋まらないよーーー!!とパニックになってました。


今思えば、型もないのにゼロから何かを生み出すなんてハードすぎます。
守破離の守を、まずは知りたかったのに。。


とはいえ、先生だって、
先生の先生に「書き方」なんて教わってないから、教えられないんですよね。
先生が悪いわけではなく、学校のカリキュラムの問題です。


「自分の言いたいことを一番伝えられる文の構成」とか、
そこまで突き詰めて教えてくれる学校なんて、みたことがありません。
個人的にはとても残念ですね。


学校では、書き方よりも、内容がすべてでした。
道徳的でいい子っぽいことを書いてれば、先生に褒められた記憶があります。


個性や、面白さなんて求められていませんでした。


だからこそ最初にブログを作って書いた時に、
超つまんない文章になってしまったんです。



何を、どうやってかいたら、
読者が読みたくなるような面白い記事がかけるか?なんて
ちっともわかってませんでした。

ただ無難な記事を書き続けていました。



自分の記録のためにブログを書くだけならそれでいいけど、
読者を集めてビジネスするならそれでは厳しいですよね。



こうしてブログを諦めかけ、途方にくれていた頃に、
私はコピーライティングという概念に出会いました。


ある冬の寒い日、ビジネスの先生が、
私を含む生徒数人を事務所に呼び出して、
1から丁寧に教えてくださったんです。



私たち生徒は、思わず目を見合わせました。


「なんだこれ!もっと早く知っとけばよかった…!!」と、
そこにいた全員が、雷に打たれたような衝撃を受けたのです。


これが、
はじめて言葉について真剣に向き合った瞬間でした。


話すときも、書くときも、
なんとなーくで言葉を使っていたことを
もったいなかったな、と強く感じました。




家に帰って、
さっそくコピーライティング術を使って
ブログを書いてみました。


とはいっても、
ある言葉1つを意識して使っただけです。


そうしたら、
これまでピクリとも動かなかった
PV(ページビュー)のグラフがドカンと伸びた。
読者が増えたのです。


正直ちょっと怖かった。
うわうわうわ、こんな変わっちゃうの?と。



けれど、それがとんでもなく快感でもありました。


それまでは、
「私なんかに他人の心を動かして、人を集めることなんてできない」
って決めつけてたけど、そんな固定観念はボロボロと崩れ落ちました。


言葉1つ変えるだけで相手の反応がガラッと変わるなんてことが
普通に起こるんですよ。

革命でした。



その後も、コピーライティングを学べば学ぶほど、
目に見えて読者が増え、コメントがついていったんです。



ぶっちゃけ、
楽しくて楽しくて仕方なかったです。


それで言葉というものにのめり込んで、また勉強しました。



と同時に、
人の心を理解していないとコミュニケーションはうまくいかないなぁ。
ということをひしひし感じました。



ブログだって、コミュニケーションですからね。
読者と書き手(私)のコミュニケーションです。



だから言葉の技術がないと、つまんなくなります。


いくら頑張って100記事書いても、
つまんなければ価値提供はできません。
それどころか、相手の時間を奪ってしまいます。



昔は「稼げないよー!なんでだー!!」と嘆いていたけど、
相手の時間奪ってるのにお金入ってくるわけなかったよなぁ。




ちなみに私がコピーライティングを学んだときは、
まず最初に、【人の心を理解すること】からはじめました。



言葉で人の感情を動かす(面白いと思わせる)には、
まず人はどういうときに面白いと感じるのか?を知らないといけないですからね。



人の心を理解して、
その上で適切な言葉選びをできるかどうか?


そういう技術を1つ1つ学んでいきました。



そもそも心の仕組みが分かってないと、
文章で相手を感動させて、
固定読者になってもらうなんてできません。



その証拠に、一流の小説家はすべからく、
人の心を徹底的に学んでいます。




彼らは皆、狙って人を感動させることができるし、
それができるからこそ、
その人の作品が読みたくて読みたくて仕方ないファンが生まれるんです。



ビジネスは人の心を理解するのがすべてです。
言葉は武器といっても過言ではありません。



言葉の力でファンを獲得していかなければ、
どのビジネスをやったとしても無残な結果になってしまいます。



何のビジネスをするにせよ、人と人とが関わっている以上、
コミュニケーションが発生しますからね。



それは、
ラーメン屋さんを開くにしたって同じです。



売ってるものはラーメンだけど、
最初にお店に入ろう!と思うきっかけは
看板だったり、チラシだったりの「言葉」なわけです。



だから、コミュニケーションがうまくいかないと
お客さんを集められず、いとも簡単に潰れてしまいます。



逆に、人の心を正しく学びさえすれば、
ビジネスは驚くほどカンタンになります。



ちなみに、
コピーライティングって難しそうに聞こえますが、
知ってしまえばカンタンです。



私自身、コミュニケーションなんて、昔は大の苦手でした。
人の心なんて絶対理解できないだろうなと思っていました。

けれど、
やってみたらそんなことはありませんでした。



理解しやすさでいえば、
中学校の数学より100倍カンタンでした。



習得にも、
そんなに時間はかからないです。
1ヶ月もあれば全体像は把握できてしまいます。



たった1ヶ月でビジネスが良くなるスキルなんて、
他にありますか?



こんなにコスパの良い
技術はないな、と心底思います。




「心を理解するなんて、無理でしょ」
と思う人がいるかもしれません。


確かに、人の心は複雑なので、
すべてを100%理解するなんてことは不可能です。


それをしようとも思いません。
ただ、科学的に解明されている部分も実は大きいのです。



それを上手く使うことで、
ほんの1%でも相手の心を動かすことができれば、
ビジネスをするときに2倍も3倍もラクになります。




→「革命だー!!ブログの読者ってこうすれば増えるんだ!」





▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<