どうもこんばんは。
今日はですね、ディズニーの話。

ディズニーから学ぶことは本当に多くて、いつも研究してるんですが、

とくに感動するのはなにかって
キャラでもパレードでもなく、


キャスト(園内スタッフ)ですよね。



丁寧な道案内はもちろん、
掃除のおじさんの粋なお絵かきパフォーマンスだったり、
アトラクションでのノリノリな演技だったり、
非常時の臨機応変な対応だったり。


震災の時は、キャスト個人の判断で、ダッフィーのぬいぐるみを無料で配りまくってクッションにしてもらってたことで有名になった。



あれはなんで実現できるのか、気になりません?
私は気になりました。

で、考えた結果、



「コミットさせて成長させる教育」に尽きる。つまりどーいうことか簡単にいうなら、うまーくやる気にさせて成長させる。ということ。

フツーの居酒屋バイトだったら、アルバイトからいっぱい不満出るし、やる気もないじゃないですか。
・さっさと終わらせたい
・だるい
・面倒
・今こなせればいいや

みたいな気持ちでアルバイトしてる。

けど、ディズニーのキャストはちがう。
ディズニーのキャストであることに誇りをもって、楽しんで仕事をしようとしてるのが伝わってくる。


だってあれは、好きじゃなきゃ出来ないレベルのホスピタリティだよ。

たいしてお給料がいいわけでもないとしても、精一杯のやる気をもってコミットする。つまり、参加する。キャストとして、ディズニーという舞台に参加しようとする。



んで、その結果、ぐんぐん成長する。最高のおもてなしができるキャストが育つ。

こういう教育がしっかりできてるのって、ディズニーとかリッツカールトンとかもうそういうレベルになるわけで、

逆に言えばこの教育さえしっかりできれば強豪の仲間入りなのかなと。



だって、人が素敵な場所には人が集まるから、はやるよね。ということ。



どーやってそれを育てるんだ?というと、
これはライティングスキルばんばん使えばいけちゃうんですよね。


究極的にいえば、スタッフからコミットメントをいかに引き出すか。
これが最重要。


つまり、何か小さなアクションから参加意識をもってもらう。

小さな成功体験をさせる。
で、やる気にさせる。



後は何より、キャスト自体がディズニーのファンであるというのは強いですよね。


ファンだから、自然とより強いコミットメントがうまれる。



結局はいいコンテンツがあればいいということや。
コンテンツはディズニーでいえば、ショーやパレードやアトラクションのことね。

素晴らしいコンテンツを届ければ、
ディズニーファンがたくさんできる。


ファンというのは参加したい生き物なので、そこから自然とコミットメントが引き出せる。



ということで、
ディズニーのキャストは、
ディズニーのコンテンツ力が高いがゆえに、深いコミットメントがすでに形成されてる。




で、コミットメントが高いとキャストはぐんぐん成長する。
だから晴らしいホスピタリティが維持されてるんだねっと・・・

いうことで、今日はおわりまーす。


真似できる部分しかないなぁ



ディズニーって、ダッフィーを抱えて歩かないとむしろ恥ずかしい。
みたいな謎の文化あるよね。

ダッフィーを抱えて歩く国!文化は作ったもん勝ち。


▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<