どうもこんにちは、
まみです。



先日この記事で
ダンスやってた時のことをかきました。
→「ダンス超下手だったけど克服できたのは◯◯をゼロにしたから」


それで思い出したことがあって、
私あのとき、
ダンスが苦手だってこと以外にもう1つ、
超苦労したことがあったんですよ。




それが、
ダンスの衣装作り。



大学のサークルでダンスをやると、
コンクールや文化祭でのステージ発表の時に
必ず、自力で衣装を用意しないといけないんです。



いちサークルに、
専属の衣装さんなんて
雇うお金ないですからねー。




そして
1回のステージで
1人3曲とか踊るので、
どうしても3着は作らないといけません。



これ、
大体は自分で布を買ってきて、
いちから服を作るんですよ。


市販のもので代替する場合もあるけど。




このご時世に!
服作りとな!



それまで手芸と言ったら
小学校でエプロンを作ったくらいの私にとっては、
ちょーーーーう大変です。




それも
ほぼすべてのスキマ時間を使って
ダンスの練習でヘトヘトになっている
さらにその合間をぬって作らねばなりません。



そして、期限はめっちゃ短い。





まずミシンの購入からはじまりました。



ミシンなんて家庭科室にあるやつくらいしか
ロクに触ったことがない。



けど、実家にあるのは、
足でペダルを踏む式の古いやつだったので使い物にならない。



悩んでもよくわからなかったので、
価格コムで一番人気で安いやつを買いました。




私は
モノ、とくに電化製品を買う時はいつもこの
価格コムで比較してから買います。



これを見ないで
家電量販店とかで値段交渉もせずに
買っている人をみると、
ブルジョアだなーと思いますね。



だって、
ほとんどの製品の最安値が
みられるわけですよ。



ココでチェックしてからやないと損。





家電だけじゃなくて、
光回線も、
コンタクトレンズも、
ココ経由で買ってます。





総額にしたら
私1人だけでも結構すごい額を使ってる。




これが
何百、何千万ユーザー使ってるわけだから
そうとう価格コムはいい商売してますよね。





ちなみに
この価格コムのビジネスモデルは
私がビジネスを始める前までは
広告だけだと思ってたんですが、違いました。




カカクコムがやっているのは、
アフィリエイトです。




価格コムってアレ、
アフィリエイトサイトなんですよ。




そもそも
アフィリエイトというのは、
一言でいえば代理販売のことです。





商品販売者のかわりに
その商品を紹介して売る。


それで、紹介料として報酬をもらう。



いたってシンプルなモデルです。




大量のユーザーが価格コムを通じて、
価格コムのリンクを踏んでモノを買っているので
価格コムの「紹介」ということになるわけです。
(※詳細は価格.com公式サイトに記載されています→http://kakaku.com/shopentry/entryplan.html)


ただの紹介じゃなく、
「比較サイト」にしてユーザーに対する価値を提供することで
うまく購入まで誘導しているサイトです。




そもそも、
価格を比較しに来る層は
購入意欲が高いので、
そういう層を集めるだけでお金になる。






そして
資金力もあったので
ガンガンスケールして、
いまの大きさになった。






ちなみに
この優れたアフィリエイトサイト・価格コムを育てた
二代目社長は、穐田氏です(現クックパッド社長)。



クックパッドでも、
ユーザー数のわりに収益性にとぼしかったところを見直し
マネタイズをしっかり行ったとか。






価格コム、
クックパッド、
どちらのサイトでも


①人を集めて(集客)
②マネタイズ(収益化/販売)


この流れを組むのが上手い方だったので
成功しているわけですね。




そりゃそうです、
ウェブに限らず、すべてのビジネスにおいて
うまくいくかのカギは


シンプルにみれば

集客→販売


この流れを上手く組めるかどうか。




厳密にいえば
もっと細かいフローがあって、
コンサル生にはそれを教えて実践してもらっているのですが



まずは
集客と、販売。





人を集めてモノを売る。




これができれば
個人だろうが、資金がなかろうが
ビジネスになる。



で、
これを資金がなくても
個人で可能になったのはつい最近の話です。




昔だったら、
資金ゼロで、コネもなにもない状態から
いちからビジネスを立ち上げるには
少なくとも数百万のお金が必要でした。



なぜなら、
オフィスを借りて、
人を雇う必要があったからです。




オフィスを借りたり、
人を雇うと
1ヶ月でもものすごいお金が飛びます。




だから、起業はリスキーだ。
なんて言われてきたし、
確かに昔は、金銭的リスクが大きかった。





なんだけど、
それを変えたのがインターネット。




ネットがあれば、
人を雇う必要がない。
だからオフィスもいらない。



なぜかというと、
インターネットを使うと
強力なレバレッジがかかるからです。



もっと丁寧に説明すると、
例えば、
価格コムのようなサイトは
一度作ってしまえば、
その後は放っといても機能しますよね。



もちろん、
細かい点を修正したり
機能を追加することはありますが、




サイトの全体は最初に作ってしまえば
あとは変えなくても、
サイトが勝手に集客して、勝手に販売してくれる。




作った後はずっと、
寝ていても利益がでるわけです。




サイトを作るという労力だけで
何百万人、何千万人に永遠にセールスができる。





これがレバレッジがかかるということ。



1人の力が
テコの原理で、
本来よりも何倍にも大きくなることを指します。




本来、
何百万人、何千万人にモノを売ろうとしたら、
インターネットがない時代だったら
一人ひとりと対面または電話で直接セールスし続けるしかないですよね。



そのためには
自分だけではとても人手が足りないので、
セールスマンをいっぱい雇う必要があります。


この状態は
1人の労力=1人分のままなので
レバレッジはかからない。




でも、インターネット上に、
価格コムというアフィリエイトサイトを一度作ってしまうだけで
あとは直接セールスなんてしなくても
自分にかわってサイトがインターネット上でセールスしてくれるようになる。



セールスマンを雇う必要はありません。



これは、インターネットによって
1人の労力=数千万人分
に拡大しているということ。



つまり、
レバレッジがかかっています。





だからインターネットを上手く利用して
レバレッジをかければ、
「寝ていても収入が入ってくる!」というのは
あながち嘘でもないです。




もちろん、
「まったく何も作業せずに、寝ていても勝手に収入が入ってくる」っていうのは
アレば嘘っぱちですよ。あんなもんは詐欺です。




けど、
少なくともサイト(ブログでもできます。詳細はここで解説してます→「アフィリエイト入門まとめ」
を1つ作るという作業さえ真面目にやれば、
寝ている間にそのサイトが自分にかわって稼いでくれるという状態にするのは
誰だって可能です。





インターネット上では、
一度サイトを作るとあとはレバレッジがかかって
自分のかわりに働いてくれるようになるんです。







ところで、
よくブログやメール講座の読者さんから


「初心者ですが、何をやっていいか分かりません。こんな私でもできるでしょうか?」

という質問を受けます。




こういうやる気のある人にこそ、
一刻もはやくレバレッジをかけて
ガンガン仕組みを組んでいって欲しいです。



やりさえすればできることを
初心者だから、、と諦めてしまうのは
もったいないですからねー。


それについては
「最初にやるべきこと」をこの記事にまとめたので
まずはこれを実践しましょう。
→「アフィリエイト入門まとめ」





初心者で思い出したことがあって、

私はダンスの衣装づくりを最初に命ぜられたとき、
手芸の初心者だったので
「初心者だからできないや」
って諦めて、人に頼んでいました。




お礼にと、
ロクシタンのハンドクリームを
横浜まで買いにいって、
あげていたのを覚えてます。




けど、
衣装作りを学ぶことすら放棄して、
誰かにやってもらう。というのは最悪でした。




だって、
みんなだって練習で忙しいのに、
ハンドクリーム1つで任せるなんて
それは少なくともサークルではやっちゃいけないことだった。



人に甘えすぎていました。
もっといえば、依存していた。



初心者だから〜なんて、
ただ学ぶことをサボるための言い訳だったんですよね。



実際、
このままじゃだめだ、と
先輩からやり方を勉強してからは
思ったよりずっとカンタンに衣装作りができました。




これまでに経験した人から学びさえすれば、
自分が経験したかどうかなんて
関係ないんだなということを知りました。



初心者だって、
学べばできます。



それに、
こんなにカンタンなことなら
もっとはやくに勉強してれば
迷惑もかけず、ハンドクリームも買わずに済んだのになーと後悔してました。





最初は誰だって
無知なのは当たり前。



だけど、
無知を放置するのは最悪だ。



と学んだ。



こうやって考えると、
私、苦手だったダンスでかなり学びを得てるなぁ。
→「ダンス超下手だったけど克服できたのは◯◯をゼロにしたから」




ダンスを通じて学んだことも多いし、
しかもダンスって
芸術でありながら運動でもあるから
表現力も身体も鍛えられてめっちゃ良いです。



あと
上手く踊れると、単純に楽しい。


誰かにステージを見に来てもらって
楽しんでもらえたら、もっと楽しい。




ダンス自体、
大学からはじめましたからね。



初心者だから〜
運動音痴だから〜って諦めてたら
この楽しさを知ることはなかったなと思うとゾッとします。




今日はそんなところかな。
ではではー


▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<