大学中退のメリットとデメリット比較してみた。私が選んだ結論は…

こんにちは、渡辺まみです。
私は一時期、大学を中退しようかと真剣に悩んでいました。

大学に行くメリットを感じられなかったのです。
ただ、就活などのデメリットと照らし合わせると迷ってしまいました。

当時考えていた大学中退のメリットとデメリットを、
ここにまとめていきます。


大学中退のメリット1:大学のつまらない授業に行かなくていい


そもそも私が大学に行く意味を感じなかったのは、
授業が教科書と内容が同じだったことが1つ挙げられます。

教科書を読めば分かることを、
わざわざ教授に朗読してもらうだけの場所なんだ、
と気づいてからは、授業に行くのがだるくなりました。

行ってもTwitterを眺めているか、
ご飯のことを考えているかという不毛な日々でした。

こんな無駄な時間を過ごすくらいなら、
大学なんてやめて別のことをしたほうが有意義なんじゃないか?と思ったのです。


大学を辞めた先に、明確に歩みたい道がある人は、
私は大学に行く必要はないと思っています。


ただ、かつての私のように、
なんとなく大学がつまらない。という程度であれば、
私は中退はおすすめできません。


というのも、大学に行かなかったからといって、
急にやりがいや生きがいが出て来るわけではないからです。
大学を辞めて追い込んだほうが、
やりたいことは見つかるんじゃないか。
などと当時は本気で思っていました。


けれど、追い込んだところで、
進みたい道って見つからないんですよね。

私は結果的に起業の道を選びましたが、
それは大学に関係なく、
たまたま起業をした友人に話をきいたのがきっかけでした。

大学を辞めただけで人生が変わる、というのは幻想です。


まずは本当に進みたい道を見つけなければ、
大学をやめても退屈な日々は繰り返されるだけです。


そういう意味では、
たまたま大学以外にやりたいこととして
起業の道に出会えたことは、本当にラッキーでした。

それについては後述しますね。


大学中退のメリット2:大学の人間関係を完全に切り離せる


ただ、例外として、
大学で深刻な人間関係の悩みがある場合は、
私は今すぐ大学を辞めるか、休学するべきだと考えます。


なぜなら、
人間関係の悩みはそのコミュニティから脱することが
一番の手っ取り早い解決策だからです。

私は小学校でいじめられていたことがありましたが、
クラスが変わったらいじめはパタっとやみました。

ですが同じクラスの間は、
自分を変えようとしてみたものの、
いじめは関係なく続いたのです。


いじめに限らず、
誰かとのいざこざというのは本人の努力だけでは
どうにもならないことが多々あります。


その人間関係をスパッと切ってしまい、
新たなコミュニティを見つけることが突破口になりえます。


もちろん、就職が不安などと思うかもしれません。

その場合には、
アルバイトや、私のように起業をするなど、
別の生き方を見つけてから中退するという道もあります。

私の場合はブログを始めたことで金銭的にもメリットがありましたし、
それ以上に大学以外の居場所を見つけることもできました。


ブログがきっかけで読者さんとつながって、
今ではご飯を食べに行ったりもします。

大学の外にコミュニティを作ることができたんですね。
これは思いもよらない起業のメリットでした。


大学中退のメリット3:学費の負担がなくなる


大学を金銭的に中退せざるをえない人もいるでしょう。

大学を辞めるしかない、となれば、
確かに就職活動では不利になってしまいます。

けれど、逆にいえば、
大きなデメリットってそれくらいです。

今の日本ならアルバイトをして自分が生活する分は稼ぐことは可能ですし、
ブログで収益を生み出すといった方法もあります。

お金を稼ぐ方法は、
大卒→就職、というルートだけではありません。

私自身も就職をせず、
自分のビジネス1本で生活をしていますが、
まさか自分にこんなことができるなんて、信じられませんでした。


けれど、やってみたらできたんですね。
パソコン1台さえ持っていれば、誰にでも可能性の開かれているチャンスです。

昔であれば、起業には数百万円のお金がかかりましたが、
今ならインターネットのおかげで、0円でも起業できる時代です。


仮に就活で損をしたとしても、
大学に行かない時間でコツコツビジネスを学んでいけば、
大卒以上のお給料を手にすることは十分可能なんですよね。


そのような道もあるということを
知ってもらえればと思い、今日はこんな記事を書きました。


大学中退のデメリット1:就職活動で不利になる


先ほど書いたように、
確かに現代の日本では大卒の肩書があった方が就活では有利でしょう。

もしもいい会社に入って、
高い給料をもらって生活したい。というのであれば、
できれば大学は卒業しておいた方が良いです。


ただし、
収入を得る方法はサラリーマンとして
お給料を得ることがすべてではありません。


自分で事業を起こすという道だってあります。
多くの選択肢を知った上で、自分の進む道を選んで欲しいなと思います。


大学中退のデメリット2:その後やりたいことがないと宙ぶらりんに



間違っても、
なんとなく大学に行く意味がない気がする

けど、次に何をやるか決まってない。
という状態で大学を中退するのはおすすめできません。


繰り返しになりますが、
大学を辞めたからと言って生活が変わるわけではないのです。


中退して、気持ちはスッキリするかもしれませんが、
新たなスタートを切ってその後どう生きるか?は自分次第です。


もしも私が過去に戻ったら、
自分がこう生きたい!と思えるような人を見つけて、
どうやったらそう生きられるか?勉強をして目処をつけてから中退するかなと思います。


大学中退のデメリット3:親や周りの反対を押し切る覚悟が必要



大学をどうしても中退したいというなら
親や周りの反対を気にしない覚悟が必要でしょう。


世間一般のイメージでは
大学中退は決して良いものではないですし、

人間関係などの事情があったとしても、
他人にはなかなか理解されにくいものです。


ただ、本当に大学を中退したいのなら、
他人の意見は気にする必要はないと個人的には思いますね。


自分の人生は、自分でしか責任を持てません。
誰か他の人はアドバイスはくれますが、
その後の人生ずっとあなたに付いて助けてくれるわけではありません。


大学を中退するメリットとデメリットまとめ



まとめると、
大学を中退するメリットとしては
・大学のつまらない授業に行かなくていい

・大学の人間関係を完全に切り離せる

・学費の負担がなくなる

大学を中退するデメリットとしては
・就職活動で不利になる

・その後やりたいことがないと宙ぶらりんに

・親や周りの反対を押し切る覚悟が必要



が挙げられます。


私は大学に行きながら自分で事業を始めました。

大学に行きつつチャレンジをすることで、
最悪事業で失敗しても就職すれば良いや。という逃げ道を確保しておいたのです。

おかげで、不安に襲われることもなく
腰をすえて事業に取り組めたことが、
結果につながったのかなと思います。


私は大学に通いながらも月収100万円を達成することができました。
私が初めて外注化した時のお話です。
→人を雇ったら3000円が30万円に化けた!!21歳の外注化物語。


私が慶應在学中、就職の道を捨てて起業、今に至るまでの物語です。
Amazonで1000円で発売中ですが、キャンペーンで無料プレゼントしてます。

→『21歳女子大生の起業物語〜資金ゼロ、才能ゼロでも月収100万円〜』



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は21歳で起業をして、
大学在学中に月収100万円を達成しました。
ないない尽くしの起業です。

当時大学生だったのでお金もなければ、
社会経験すらありませんでした。

普通のサラリーマン家庭に生まれ育ったので、
特別なコネもありません。

おまけに人見知りな性格で、
リーダーシップのかけらもない、
コミュ力の低いただの女子大生でした。

そんな何もなかった私にも、
チャンスを与えてくれたのがネットビジネスの世界でした。

自力で事業を回せるようになったことで、
自信が湧いてきたせいか、
昔の友人には性格まで明るく変わったねと言われました。
事業が私を育ててくれたのです。

そんな私の起業物語が本になりました。

Amazonで1000円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。

▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます。
→クリックして詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です