コンビニフランチャイズオーナーは儲かるのか?知人が潰れて思ったこと

こんにちは、渡辺まみです。
昔、知人がコンビニフランチャイズオーナーになりました。
独立起業なんてすごいなぁ。と当時は眺めていましたが、あっけなく潰れてしまいました。

私自身、様々なビジネスを経営する立場になってみた今思うのは、
コンビニオーナーって儲からないわりにリスク高すぎるよなぁ…ということです。

少なくとも、もし消えてなくなっても生きていける、自由な貯金が1000万円ない限りは
ぶっちゃけコンビニオーナーはおすすめできません。

独立するのなら、資金ゼロ円でもできて、コンビニより儲かるビジネスがあるからです。

もっと早く知っていれば、オーナーになった知人を全力で止められたのになぁと思うのですが、、せめて今コンビニフランチャイズオーナーを考えている方に向けて、私の考えを書こうと思います。

コンビニフランチャイズオーナーは儲かるのか?


何をもって儲かるとするかにもよりますが、
私だったらコンビニフランチャイズオーナーは割がよくないのでやりません。

コンビニフランチャイズオーナーの月収は人それぞれですが、
こんな例があります。

・日販60万円の店舗の場合

日販60万円というのは、
どちらかといえば成功しているコンビニの部類です。

周りのコンビニと差をつけて一人勝ちしており、
常にお客さんがくるようなコンビニを想像してください。

よっしゃ!バンバン客くるぜ!
これで収入はウハウハじゃあ〜

と、思いきや、
仕入費に人権費にロイヤリティ…と、
経費や税金を引いていくと、

オーナーの推定給料は20万円/月。というのです。

儲かってる店舗でも、
オーナーは働きに働いて、
バイトとそうかわらない給料しか手にできない。というケースがあるということです。


もちろん、細かい計算は場合によって変わります。

日販=給料
という人もいるので、
日販60万円なら60万円手にできる。ということもある。


60万なら大きいじゃないか。
と思うかもしれません。

ですが、この資産は、
コンビニフランチャイズオーナー自身が
1日8時間、月に24日、お店に立って働いた場合の試算です。

普通にバイトと同じように働いて、
月収約20〜60万円ほどです。


しかもこの試算は、
かなり上手くいっている方の店舗の試算なので、
オーナー業が初めてというのなら、
もっと下がってもおかしくはありません。

ぶっちゃけあんまり儲からないのです。


しかも。
しかもですよ。

お金が仮にバンバン儲かっても、
使う時間がなかったら意味ないと思うんです。


残念ながら、
コンビニフランチャイズオーナーだと、
そこそこ儲かってる店舗でもお店に出ていないといけないケースが多数です。


なので、
超儲かっている一部の店舗を除けば、
コンビニフランチャイズオーナーの実態は、
自由な生活とは程遠いものです。


夫婦かわりばんこで日夜働いて、すれ違いの生活。
プライベートなどないも同然。
非常時の対応のために海外旅行にも出かけられない。。

仮に生活できるだけの収入は得られても、
時間的な自由がないのです。

儲かる、儲からないはもちろん、
どんなライフ・スタイルを送るのか?も
私は人生の充実度を上げるためには重要だと思っていて、

その上でコンビニフランチャイズオーナーは
金銭的にも時間的にも、イバラの道だなと個人的には思います。

コンビニフランチャイズオーナーはハイリスク


コンビニフランチャイズオーナーを私がやりたくないもう1つの理由は、
運転資金が常にかかることです。

本部が指導してくれるといっても、
基本は自分で仕入れの判断が必要です。

最初は試行錯誤でしょう。
売れもしない商品を、大量発注してしまったり。
売れ筋商品を逃してしまうこともある。

本部はアドバイスはしてくれますが、
その地域・その土地のことはやってみないと分からない部分も大きいので、
最初からいきなり上手くいくことは難しいのです。


けれど、その間にも、
資金はじりじりへっていきます。

コンビニはたとえ売れなくても常に人件費や仕入れ代がかかるので、
赤字を続けていれば、
すぐに潰れてしまうでしょう。


資金的に体力のある人なら耐えられますが、
なくなって良い貯金が1000万円を切るようでは、
かなり厳しいといえます。


コンビニフランチャイズオーナーは
さも簡単に儲かるような宣伝も見かけますが、
実際にはかなり難易度の高いビジネスなのです。


初めて挑戦するビジネスにしては、
あまりにもリスクが高いよなと思います。


もちろん、
「赤字でも良いから、コンビニというビジネスがどうしてもやりたいんだ!」
というのなら良いと思います。

お金に余裕があるのなら、
多少の赤字でも潰れないでやっていけるでしょう。

ただ、誰もがそんなに資金に余裕がある人ばかりじゃないと思います。


少なくとも自由に使えるお金が1000万円ない限りは、
私はコンビニフランチャイズオーナーはやるべきではないと考えます。

消えてなくなっても良いお金が1000万円です。
1000万円あるけど、それがなくなったら生活できない。というのなら、余裕があるとはいえません。

ましてや、
お金がないけど親に借金してでも開業する!というのは、
私なら絶対とらない選択ですね。


だって親に土下座して、
老後の貯金を崩してもらっても、
確実に返せるとは限らないのですから…


それよりも、今は資金ゼロでできるビジネスを知っているので、
まず低リスクのビジネスで1000万円ためて余裕を持ってから、
高リスクのコンビニフランチャイズオーナーの道を考えます。


私がここで強く言いたいのは、
働かずに自由な生活を謳歌しようと思ったら、
コンビニフランチャイズオーナーより、もっと効率よく儲かるビジネスはある。
ということです。


せっかく、自分の人生を自分で切り開くぞ!という気概を持っているんです。

どうせ一国一城の主になるのなら、
砂の城のように脆いコンビニオーナーではなく、
誰にも崩されない鉄壁の城を築いて欲しいな。と思います。


コンビニオーナーより儲かる業種は?


「本当に、資金ゼロでできるビジネスなんてあるの?」

あります。

私は大学生の時に起業をしました。
21歳の時です。

大学生だったので、お金はありませんでした。
バイトで稼いだ月に5万ほどのお小遣いだけです。

にもかかわらず、借金をすることもなく、
いきなり経営者になれたのです。

なぜか?

インターネット上にお店を構えたからです。

ちなみにこのお店というのは、
楽天やAmazonのようなネットショップではなくて、
自分のブログです。

ネット上なら、何個ブログを作ってもタダ同然。
厳密にはサーバー代はかかりますが、月々1000円くらいです。

たったそれだけで、
商売がスタートできるのです。


ブログなんかで稼げるのかな?と最初は半信半疑でしたが、
収入は10万、20万、と伸びていき、
月に100万円を稼ぐまでに成長しました。


結果、就活はせずに、自分のビジネス1本で生活しています。

1日中何もしていなくて、
寝て起きたら、ポンと5万の売上が発生していることもあります。
なので、最近は趣味の音楽に没頭しています。


最初は信じられないと思いますが、
そのような世界もあるんだということを知ってもらえたらな。と思って今日は記事を書きました。

ブログなので、
万一上手く行かなくても、借金はゼロです。

人も雇わなくていいし、
仕入れ代もかからないので、
赤字になりようがないのです。


そういったリスクゼロのビジネスでまずは経営のいろはを学んで、
その後でコンビニフランチャイズオーナーにトライした方が、
結果として大きく儲かると私は思いますよ。



いきなりビジネスをして稼ぐなんてさぞ商才があったのだろう、と思われがちですが、
実は私は経営者になる前はコミュニケーションが大大大の苦手でした。
経営者とは真反対の人間だったんです。
→コミュ障女子大生が経営者になってみたら人格も人生も変わった全記録


私が慶應在学中、就職の道を捨てて起業、今に至るまでの物語です。
Amazonで1000円で発売中ですが、キャンペーンで無料プレゼントしてます。

→『21歳女子大生の起業物語〜資金ゼロ、才能ゼロでも月収100万円〜』



こんな生き方をしている人もいるのか。と眺めてくれたら嬉しいです。


PS.
これは、先日バリに行った時の写真です。
2年前、今のビジネスを知っていなければ、
のんびり異国を楽しみプールにプカプカ浮いていることもなかったでしょう。
早く知れてかったなぁ。。
img_6387


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は21歳で起業をして、
大学在学中に月収100万円を達成しました。
ないない尽くしの起業です。

当時大学生だったのでお金もなければ、
社会経験すらありませんでした。

普通のサラリーマン家庭に生まれ育ったので、
特別なコネもありません。

おまけに人見知りな性格で、
リーダーシップのかけらもない、
コミュ力の低いただの女子大生でした。

そんな何もなかった私にも、
チャンスを与えてくれたのがネットビジネスの世界でした。

自力で事業を回せるようになったことで、
自信が湧いてきたせいか、
昔の友人には性格まで明るく変わったねと言われました。
事業が私を育ててくれたのです。

そんな私の起業物語が本になりました。

Amazonで1000円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。

▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます。
→クリックして詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です