小さな成功体験を得るには?コンプレックスの塊だった私が変わるまで

こんにちは、渡辺まみです。
私は心理学やビジネスのセミナーをYou Tubeで発信しています。

私は様々な人にビジネス指導をしていく中で、
成功体験がなかった人が自信を得ていくのを見てきました。

「私でも起業できるんですかね?」と自信なさげだった方が、
数ヶ月たった頃には小さな成功体験を得て、
「こんなビジネスどうですかね!」とワクワクしながらビジネスを作っていたりもします。
中身がすっかり別人で、魅力的に変貌していました。


私自身も小さな成功体験を経て、
自信を得て、人生が変わった1人でした。


小さな成功体験で人生変わるまで


私は21歳で起業するまでは
これといって誇れるような成功体験がありませんでした。


私が特に失敗続きだったのは
コミュニケーションでした。


高校時代の恋愛も枯れてたなぁ…

タイムマシン開発されたら真っ先に青春に戻って、
昔の自分に恋愛指導しますね。

そもそも男子のメールアドレスすら知らなかったので、
そこからです。


過去の私→
あの人とメール交換してみたいな。
けど、けど、「アドレス教えてください」っていって、
「こいつ俺のこと好きなのか?」って思われたら恥ずかしすぎる。

部活のみんなにも噂が立つかも。
無理無理無理!
また今度、いつか聞こう。いつか。


という感じでした。

恋愛どころの騒ぎじゃありません。
メール交換すらできなかったのです。

というか、新学期にしておけよと言う感じですが、
新学期には話しかけるのすら怖かったのです。


別に聞いても、
死ぬわけじゃないのにね。


ただ当時は怖くて、
成功体験がないどころか、
失敗の体験すらも踏めませんでした。


プライドが高くて、
傷つきたくなかったのです。


あーあ。
あの時に失敗しまくっておけば、
小さな成功体験くらいは得られただろうになぁ。



経験値がゼロだった私は、
恋愛コンプレックスがありました。


恋人が欲しかったのに、いらないと強がることで
なんとか自我を保っていました。


しかも友達は少なかったので、
相談できる相手もいなくて、
さらなる負のスパイラルに突入します。


常に孤独感がありました。


また高校での成績も
高1のときはクラスで下から4番目だったり、
赤点をとりまくり追試地獄をしていたりと、
成功体験はなかったです。

なので、高校生時代は、
勉強でもこれといった成功体験がなくて、
恋愛でも小さな成功体験すら踏めず、
自信を喪失していきました。



もし、
「自分には成功体験がないから、小さな成功体験を積んでみたい!」
と考えている人がいるなら、
その人は素直でかっこいいな。と思います。


高校時代の私なんて、
成功体験がない自分すら認められなかったので、
小さな成功体験にトライしよう。とすら思えませんでした。

なので、
そう思えている気持ちがあるのなら
素晴らしいなと感じますね。


ただ、
小さな成功体験って
何をすれば得られるんだ?

と、きっかけがないと、
何をしていいかもわからないかもしれません。


私のメルマガ読者さんの中にも
そういった人がいました。

私を通じてきっかけをつかんでくれて、
感謝のメールが届いたりすると、
教育業に携わっていてよかったなぁと感じますね。


私が起業して得た小さな成功体験


私自身が小さな成功体験を得たのは、大学3年生で起業してからのことでした。
そのエピソードを話しましょう。


就活の準備をしていたにも関わらず、
とあるきっかけで私は21歳で起業をすることになりました。


結果的に就活はしないままに
社会人になったのですが…、

私が起業した理由やいきさつは、
先日出版した電子書籍にも書きました。


起業してしばらくして、
それまで0円だった報酬が、
はじめて12円になったことが、
私にとっての小さな成功体験でした。


たった12円です。

私はその後、月に100万円を稼ぐことになるのですが、
12円の時も100万円の時も、
同じくらい自信になりましたね。

たった12円です。


けれど、はじめて誰にも雇われず、
自分の力で稼いだお金でした。


ビジネスでお金を稼ぐ。というのは、
言い換えれば、
お客に価値を感じてもらえたからこそ、
お礼の気持ちとして大切なお金をいただけた。


ということです。


大事な大事なお金を、
この人になら渡してもかまわない。
と思ってもらえたということです。

これは大きかった。
私にとって、小さな成功体験は大きな自信を生みました。



ちなみにどうやって大学生で稼いだのか?といえば、
インターネット上にサイトを作って、運営しました。


どんな記事をアップしたら読者さんのためになるだろう?
と頭を捻らせながら運営をしていきました。


起業といっても、従業員はおらず、
1人で淡々と、サイトに記事をアップロードしていました。

地味オブ地味です。

大学の授業中や家のベッドに寝転びながら、
パソコンに向かって、
一人でカタカタとキーボードを叩きました。
ブログみたいなものですね。


最初は私のような弱小のサイトなんて、
誰が見てくれるんだろう?

サイト作ってお金稼げるなんて、
そんなうまい話あるんかいな。
と半信半疑ではありました。


とはいっても、サーバー代1000円ちょっとくらいしか
固定費はかからないので、
リスクがありませんでした。


もし稼げたら就活もしないで済むかもなぁ。と妄想しながら
カタカタと1人作業を続けました。


記事を編集
→公開ボタンをぽちっ。

そんな地味な作業の繰り返し。


最初はアクセスが集まらないなぁと思って勉強をしました。

ふむふむ。
キーワードというのがあるのか。

キーワードはタイトルと、本文に入れて、
そうするとGoogleに表示される・・・

うーんよくわからんけど、
とりあえずやってみるか。


そんな風に、
サイトに関してはド素人から始めて、
1つ1つ勉強をしていきました。


そうしたら、
徐々に読者が現れたのです。

その証拠に、
コメントがつきました。

「面白いですね」というようなことを、
誰かが書いてくれて、
テンション上がりまくりでした。

なんせ、
私はプライベートでは「面白いですね」なんて、
言われ慣れてなかったんですよね。


それが今では、
誰かが私の記事を見つけてくれて、
楽しい時間を1分でも過ごしてくれて、
さらにはコメントまで残していってくれた。

私にとっては、小さな成功体験になりました。

まじか、、、
まじで見てくれてる人いるんだ。

嬉しくて、
その場で飛び跳ねたくなりましたね。


さらには、
最初の報酬の12円をゲットすることもできました。


誰かが広告をクリックしてくれると、
報酬が入るという仕組みです。


報酬がチェックできる画面があるのですが、
ずっと「0円」だったのが、
ある日見たら「12円」と表示されていたんです。


12円…!?
って、私の報酬だよね。
私のサイトで、誰かが訪問して広告クリックしてくれたってこと?

よっしゃああああああ!!

コメントを貰ったときも小さな成功体験として嬉しかったですが、
このときは私にとっては大きな成功体験でした。

額は小さくても、
お金が実際に振り込まれると、
全身がビリビリ痺れましたね。



こうして起業をして、
小さな成功体験を積み重ねていって、
私は自信をつけていくことができました。


稼げて、
感謝されて、
自信になって、
コミュニケーションも前よりも得意になりました。


なんでビジネスしてコミュニケーション得意になるのか?というと、
小さな成功体験からくる自信が、
私を堂々とさせてくれたんですね。

今では、私からビジネスを学びたいです!という人も現れて、
さらには同じ経営者で価値観の会う仲間にも恵まれました。

起業する前の魅力がなかった自分だったら、
今の状況はなかったはずです。


私は変わることができました。



こんなことなら、
もっと早くに起業すれば良かった!と思いますね。


今のインターネットの時代、
0円からでも起業ができますし、


しかも今私がやっているビジネスなら、
高校生でも理解できる範囲です。
そう複雑なものではありません。


まさかサイト作って、
こんなに稼げるとは高校生の頃は想像もしていませんでしたが、、、

そうはいっても、
大学時代に知れたというだけで幸運でしたね。

もしもあのまま就職していたら、
オフィスでもコミュニケーションがまともにとれず、
疎外感を覚えて、こじらせて、
ますます自信を失っていただろうなあ。怖い怖い。



私のYou Tubeチャンネルを見て、
「私でも起業できそうだなと思えました!」と
自分の可能性に気づく方は多いです。


それに、起業はハードル高く思えたとしても、
インターネットを使えば、
3万円くらいならすぐにでも稼げる仕組みだってあります。


こんなものはビジネスでもなんでもないのですが、、、
例えば、クレジットカードを1枚作るだけで、
企業の広告宣伝費としてお礼にいくらかの金額がもらえるんですね。
→知らないともったいない!たった1時間で3万円を生み出す方法


こういったことを知って実践しただけでも、
小さな成功体験になった。という方もいます。

知ってるか、
知らないかの世界なんですけどね。


ある場所では成功体験がない人が、
ちょっと別のフィールドに移ったら、
小さな成功体験を得られて、自信を得ていくことができた。
なんてケースはいくらでもあります。


別に、今のフィールドを出たって良いんですよね。
そう気づいてからは楽になりました。


ちょっと窮屈なら、
外に出ちゃえば良いのです。


今の世界での評価=その人の評価、とは限らないのだから。


先日は電子書籍も出版しました。



私が慶應在学中、就職の道を捨てて起業、今に至るまでの物語です。
Amazonで1000円で発売中ですが、キャンペーンで無料プレゼントしてます。
→『21歳女子大生の起業物語〜資金ゼロ、才能ゼロでも月収100万円〜』


外注さんを雇って効率化したことで、私は大学に通いながらも月収100万円を達成することができました。
私が初めて外注化した時のお話です。
→人を雇ったら3000円が30万円に化けた!!21歳の外注化物語。


私が起業して衝撃を受けた出来事の1つです。
→年収1億円の世界を見てきた。大学では絶対に出会えない経営者との会話


この記事でも詳しく書いています。
→コミュ障女子大生が経営者になってみたら人格も人生も変わった全記録



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は21歳で起業をして、
大学在学中に月収100万円を達成しました。
ないない尽くしの起業です。

当時大学生だったのでお金もなければ、
社会経験すらありませんでした。

普通のサラリーマン家庭に生まれ育ったので、
特別なコネもありません。

おまけに人見知りな性格で、
リーダーシップのかけらもない、
コミュ力の低いただの女子大生でした。

そんな何もなかった私にも、
チャンスを与えてくれたのがネットビジネスの世界でした。

自力で事業を回せるようになったことで、
自信が湧いてきたせいか、
昔の友人には性格まで明るく変わったねと言われました。
事業が私を育ててくれたのです。

そんな私の起業物語が本になりました。

Amazonで1000円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。

▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます。
→クリックして詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です