どうもこんにちは、
まみです。




いま飛行機なんですが、
寝たほうがいい時に限って全然寝れなくって
めっちゃ困ってます。


Kindleを読んで時間潰そうと
思って、4〜5冊買っておいたんですが、
やけに揺れてめちゃ酔うし、
スマホのちっちゃい画面だと目が疲れるし
かなりきっついです。




で、
結局ファンタスティック・フォーを見ながら
ブログ書いてます。



てか、
飛行機ってWi-Fi無料で使えるんですね。
知らなかったー。



ANAのやつ。

FullSizeRender 5


15分だけお試し無料で使えて、
その後は時間課金のシステムになってるみたいです。


FullSizeRender 4



あとでこの記事
アップするときに使おうかな。





あ、ちなみに今は
Evernoteで書いてます。




Evernote使ってない人は
まじで時間もったいないので使わないと損ですよー。




それについてはこの後別の記事にかくことにしよう。






さてと、
さっそく、
この記事の続きを書いていきます!
→「好きなことで、生きていく…わけないやんアホか。」




昨日の夜、
出発前に服を準備するために
クローゼットをあけたら
しっちゃかめっちゃかに散らかっていて萎えたので


遅めの衣替えがてら、
しっかり片付けてから出かけることにしました。





そしたら、
奥の方に埋もれてた
去年まで着てた秋冬モノが結構でてきて。



あれ私服持ってないと思ってたのに
結構もってるじゃん、
今年あんまり服買わなくて済みそうだなー。



と思ったものの、
よくよく見たら、



あまりにも、
今の私の服のセンスと違いすぎて


私こんなん着てたんかー!
とびっくりしました。



去年まで着てたのは
家帰ったらまたアップしますが、




スエード素材、濃い緑のAラインスカートに
やたら甘テイストな襟のブラウス、
それにリボンが3つも前についたベージュのカーディガンとか。





いわゆる
ゆるふわ系の服!!


雑誌は
Rayとか買って読んでました。そういえば。





今は、雑誌は買ってません。



本屋では。



その代わり、
ビューンっていう雑誌読み放題アプリ(神アプリです!)で、
10代〜40代くらいまでの
女性誌をざざっと読んでます。




サイトアフィリエイトやらPPCやら化粧品販売やらで、
女性向けの商売やってる人は
めちゃめちゃリサーチに使えるし、
何より男性でもアプリならこっそり読めて、
全く恥ずかしくないので
超おすすめですよーーー。





読んでて一番使えるのは、
雑誌の後半にある
白黒ページの「女子の本音」コーナーです。



リサーチっていうか、
フツーに読み物として面白いと思う。


女子は女子会でしょっちゅう話してることだけど、
男性には隠しますからね、
ぶっちゃけた本音のところは。



色々読んできたけど、普通の女性誌のなかでは
特にエグい回が多いのはRayかなー。。




まあいいや、
月額400円だけど
こっそり読めるって意味でも
おすすめですとだけいっておきます。




ビューンね。


スクリーンショット 2015-11-05 23.29.01

↓アプリはここから。



さてと。
本題に戻ると、
そうそう、服のセンスが
まじで変わったんですよねー。





去年の写真にうつってる
自分見ると違和感すら覚えます。




ほんとに
パステルカラー系女子やった。




今は、
なんて言うんだろう、
モノクロ系??




どっちにしろ
ファッションのことは
よくわからん系なので、
ブランドで表現できないのが悔しいんですが、



とにかく
センスが真逆に激変しました。





女のファッションが変わる時って
客観的に見たら、
男が変わったときだよなー。



私の場合は
完全に、女子大生マインドから
経営者マインドに変わったせいですね。



前は服だけじゃなくて
思考もゆるふわ系だったんで、
自分のやりたいこともふわふわ〜してたんです。



当時、ゆるふわな頭で
いつか自分でビジネスやりたいな〜って思ってたんだから
危なっかしすぎて、今思い返すとヒヤヒヤします。





1年前、師匠に出会って
徹底的に思考法を学ぶうちに、

頭の中が脱ゆるふわして、
自然と服の好みも変わっていったのかなーと思いますね。




まぁ、服の好み自体は
経営能力とは無関係なんですけどね。



ゆるふわ系の服きてても
キリッとしてる子はキリッとしてるし。


そういえば、
ゆるふわの服きてるのに
キリッとしてる子ってめっちゃギャップ効果発動してますよね。



同じ女子でもときめきますもん、
あんまりいないけど。。




にしても、
クローゼットの服を見たら
もろに心境の変化が出てて自分でも笑っちゃいました。





もちろん、
ベースの性格は変わってないですよ。




けど、この1年で、
勉強して、実践していくうちに
なにより価値観が死ぬほど変わった。




価値観が変わると、
行動が変わる。




だから、
選択するものも変わる。




服だけじゃないです。





お金の使い方も
変わりました。





それまで一番お金をかけていたのは
美容とかファッション(といっても、化粧品、アクセサリー、バッグ、靴をときどき買うくらい)
だったんですが、

そういう
買ったらお金がなくなってしまうもの=消費


よりも、
明らかに

買ったらお金が増えるもの=投資


にお金をつかうようになりました。







投資の中でも
もっともお金をかけているのは、
言うまでもなく、情報ですね。




情報には
お金だけじゃなくて
時間も投資してます。




ためになると思ったYouTube動画(セミナー形式のもの)
を1日じゅうみたり、


面白いメルマガを見つけたら
全通読んで感想をまとめたり。




考えてみたら
1年前までにはほとんどやっていなかったことです。





いや、正確にいえば、
1年前までも
勉強はしてたつもりだったんですが、
方向性を完全に誤っていました。



それについても
また別の記事にかきます。





もちろん
そういう、一見遠回りのような経験が
結果として後で役立った!というようなことは
死ぬほどありますよ。




あるし、
ほんとに役立っているんですが、



とはいえ、
昔の私がビジネスをやりたい!と思ってやっていた行動は、
今考えると、
全然、最短最速ルートではなかったわけです。






世間では、
「結果より努力する過程が大事!」
なんて言われてます。


あえてキレイゴトぬきで言うのなら、
それは、結果を出した人だけが言えることじゃないのかな。
と思いますよ。



もちろん、結果を出した人にとっては
それは努力の過程は大事でしょう。

成功パターンだったわけだから。



けど、
結果がでなかった人にとって、
努力の過程ははたして、そんなに素晴らしいものなんですかね。



少なくとも、
私はそうは思いません。




確かに、
頑張ること自体は大事だし、
それなしに成功することは不可能でしょう。




でも、
頑張っても結果を出せなかったら、
それは努力の仕方を間違ってたってことじゃないですか。





それなのにこの社会では
結果にかかわらず「よく頑張った!偉い!結果は気にするな!」なんて
褒められる。



いやいや、
よく頑張ったじゃないですよ、
せっかく一所懸命やったにもかかわらず結果がでなかったんだから、
「悪く頑張った」んじゃないですか。



悪く頑張ったっていうか、
正確にいえば、
間違った方法で頑張っちゃったということ。






努力の過程を美化しちゃうのは、
感動したいだけならいいけどね、
成長したいならまじでジャマや。





どんなに非効率な練習でも、長時間やっていれば素晴らしい!
って褒め称えるこの国の文化は
結果につながらないから大嫌いです。




いやー、頑張ったね、
結果にはならなかったけど長い時間頑張って偉いよ、
なんていってたって、
非生産的だし、なんなんって思いますよ。





長い時間やるより、
短い時間で結果を出したほうが効率的に決まってますやん。



けど、短い時間で結果を出すのは
この国ではやたらと嫌われてます。

あほかと。



人生は有限なんですよ。

最短ルートを求めて何が悪い。




長い時間かけてもダメだったら、
悔しい、ちくしょうっていって、
次はもっと最短ルートを探すぞーーって
ちゃんと学びに繋げられる人はやっぱり強いです。




私も昔、
起業したいだの何だのいって、
最初は遠回りな道にふらふらいってたわけですよ。



今、いい結果がでてきているのは
それまでの遠回りのお陰というよりは、
ついに最短ルートを見つけたから、
というところがデカイですよ、やっぱり。



時間かければいいってもんでもないです。
正しい方法でやることやれば短い時間でも成果はでるし、
間違った方法で努力してたら何日やっても成果は出ない。






だから、
無責任に努力を神格化している
指導者をみると、正直イライラします。



結果はいいから、努力だけをしていろ
なんて、無責任すぎるだろと。





今から目標までの
最短ルートを示してこその
指導者ですからねー





なので、学ぶ側の意識としては、
きちんと最短ルートを示してくれる人に
ぴたっとくっついて学ぶのが
一番はやいです。




私もそうやって学んできましたしね。




それで、
服のセンスが変わるまでに
脳みそがリニューアルしました。




そういう意味では、たまには
昔の服でもきてみると、
初心に戻れていいですね〜



ではでは!



▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<