どうもこんにちは、
まみです。




ブログはぽちぽち更新したり、
あとTwitterやらFacebookやらメルマガやらもやっています。



そんなにたくさんかいて、
どっからネタを仕入れてるの!?といつも言われるのですが、

私も昔はめっちゃ苦労してましたよ。



何から書いていいのかわかんねーーー!状態ね。

で、しばらくネタ探し、、と銘打って
ネットサーフィンして、
ぐるぐるサイトまわったあげく、
YouTubeなんかも見始めて、

気づいたら3時間たっててもう寝る時間、
「やっぱ今日は書くのやめよう」となって
寝る。。




そんな日々が続いてました。

なんですが。

これから紹介する方法を試してからは、
「ネタが見つからないなんて意味がわからん」という
状態になってます。




毎日。

ネタ切れなんて、もっと意味がわからない。



ネタは永遠に量産されて、
もう消化できないくらいに増えてます。

というわけでさっそく紹介してきまーす。

1.ネイバーまとめを見る

これはもう最高のブログネタ元ですね。
いつもありがとうございます!!



ネイバーまとめを見たことない人は
いないのでは?ってくらい、今検索上位にでてるサイトです。



ビジネスから恋愛まで
色んなトピックについて、まとめられた記事が
ユーザーによってどんどん投稿されてる。

このサイト、トップページを見ると、
今人気のまとめが分かるんですよ。

view数もわかるから、
人気の記事は何十万、何百万view数の記事をみればすぐ探せる。




で、
今ホットなまとめのタイトルを
トップページから、ざーっとみていくんですよ。

そんで、
そのテーマについて自分の視点で書くだけ。
これでホットなネタでのブログ記事一丁上がりィ!!です。

自分の書きたいテーマに絞ってもいいですね。




ただ、私の場合は入り口はなんでも自分の書きたいテーマに落とし込める
というライティング術を身につけてからは、
もうジャンル関係なくみてます。

何でもブログのネタになりますからね。




ダッフィーとかも、このサイトではネタにしてます。
ディズニーランドの、あのクマのぬいぐるみ。

あんなん一見ビジネスに関係ないけど、
抽象と具体の操作をしていけばつながるから、
ネタとして使ってますね。



抽象と具体についてなど、
私の思考方法は全部メルマガに書いてるので、
読んでる人はピンとくるかもしれません。

2.ヤフー知恵袋を見る

ここもブログネタの宝庫。

自分の得意なジャンルを選んで、
ざーっと質問を見ていくだけです。

ほんとに質問がたっぷりで、
どれか1つくらい書けるものがありますからね。

それを拾って、かく。




ヤフー知恵袋のいいところは、
悩みと解決策がセットになってるところ。

悩みは、もうまさに検索者のニーズを反映してる。
あなたが自分のブログで、
その悩みに答えてあげれば、きっと見る人はいますよ。




しかも、
ヤフー知恵袋の回答も参考にできますよね。
全く知らない分野でも、
いくつか似たような質問みて、
回答まで見れば、記事が書ける程度の前提知識は身についちゃいます。

プラスアルファで、
自分の意見だったり、体験だったり、
もっといえばストーリーをいれる。




そうすれば、
ネタ元はヤフー知恵袋でも、
ブログ記事の内容はあなたオリジナルのものになるので
OKです。

あとは検索してくるのをまつだけ。




キーワードの選定方法は
ある検索数を狙うといいのですが、
これはまたどこかで書きますね。

3.YouTubeを見る

ネイバーまとめ、ヤフー知恵袋、ときて、
次はYouTubeです。

YouTubeでも、
同じように、タイトルをざーっとみて、
ネタになりそうなキーワードを拾う。という使い方をします。

もう一刻もはやく、私はキーワードを決めたいので、
動画は1秒も見ません。




タイトルだけみれば、
大体の内容はわかるので、
それと同じようなネタを自分のブログでかけばいいわけです。




パクるのとは違いますよ。
あくまで、
ネタとしてキーワードを拾ってきて、

そこに自分の視点を加えて
オリジナルなブログの記事を作る。




結局、
完全にオリジナルなネタを創出するなんて
無理ゲーですよ。




こんだけ、何百万文字以上も
ブログ、メルマガなどを書いてきた私でも無理です。

何かしら、ヒントにするネタ元があるわけです。
それを参考にして作る。




さて、ここまでの共通点として、
ネイバーまとめ、ヤフー知恵袋、YouTube、、、

要するに
プラットフォームへ行け!!

ということなんですよね。





プラットフォームというのは要するに人がいる場所です。
リアルで考えた時、
ネタをひろおうと思っても、
トイレの個室では絶対に探せないんですよね。




個室は、
すでに知っていることについて
思考をめぐらすにはぴったりで、
そこで新しいアイデアがうまれることはあるのですが、

全く新しいこと
つまりネタを探すには向いていません。

何事も場所が大事ですねー。




その点、ファミレスへいけば
主婦やら家族やら中高生やらの会話で溢れてます。

旦那の愚痴だったり、
子供を叱る声だったり、
中高生の恋バナだったりが聞こえてくる。

その会話をヒントにするんですよ。
芸人さんもやってる手法ですね。






で、
これはネットでも全く一緒で、
人がいる場所にいってネタを拾えばいいだけです。
今あげた3つのサイトを見るだけで、
もう一生ブログのネタに困ることはない。




断言します。




あと、私だったら、
この記事を読んで
人がいる場所に行けばいいんだ!という気づきを得たら
じゃあ他のプラットフォームでもネタを探せないかな?って絶対考えますねー。




どんな情報でも、
とにかく受動的に

ふんふん、なるほどーって

捉えてた時代がありました、、
昔はね。




その頃は永遠に
成長できなかったです。

100%依存マインドだったから。





たまたまネットで見つけた情報や
たまたま誰かに聞いた情報で満足して、

そっかなるほどー

これで終わってた時は、
もうその情報に完全に依存してましたから。
コレ以上の成長はあり得なかった訳です。

本当にアホでしたね。


その時はこんな失敗もしてました。
資産を作るためにブログを書いたのに、すべて無意味なゴミになったワケ




最初は、確かに、
そのレベルだったのはしょうがないところもありますよ。

とにかくインプットインプットインプット!!!

という時期も大切です。





なんですが

どこかでそれを乗り越えないといけなくて、
それに気づけてからは、

何か情報を1つ聞いたら、

じゃあ他にはどんなことが考えられるだろう?

と、1聞いて10を考えるようにしてた。





例えばこの記事だったら、
ネイバーまとめ、
ヤフー知恵袋、
YouTube

だけじゃなくて、

人が集まってる場所でいいんなら、

アメーバブログでもいいかも!
Twitterでもいいんじゃないか
Facebookもプラットフォームだよな・・・

という風に、
思考を深める。






ここまでしてやっと
自分で成長出来るようになったんですよね。

ここまでしないと
差別化できないわけですよ、
他の人と。




ネットにのってる情報は
誰でも調べればわかるから、
ライバルも知ってる可能性が高い。




だからこそ、
プラスアルファで思考をめぐらせて、
自分なりに考える。

間違ってもいいんですよ、
その考えは。

考える、つまりインプットしたことを
自分なりにアウトプットすることが大事。





そうすると、
インプットの段階でもアウトプットを意識するようになるから、
インプットの質が圧倒的に変わってくるんですよね。

私の体感では、
アウトプットを意識するようになってから
情報に触れたときの吸収率が5倍くらいになりました。

そんなイメージ。





アウトプットを意識しないと、
人は何聞いても忘れちゃうんですよね。

どんなにいい話を聞いても
身につかない、実行できないのは
アウトプットしてないから、ということは大いにあります。




だからこそ、
ガンガンアウトプットしてます。

記事を読んだら、コメントする。というのもひとつの手段ですね。

めちゃめちゃ有効です。

コメントしようと思うと、
すごく記事を吸収できるんです。

結果、アタマに残るから、
実行できて、結果が出る。






それから、
人の心を動かすブログ記事を書くとアクセス伸びる。

というのは常識ですが、
じゃあ人の心を動かすにはどーしたらええねん?というのを
記事にしました。
→「コピーライティング講座入門編〜人を動かす2つの武器〜」






あとは、
フリーで生きてると好きなことで生活できて羨ましいよ〜とよく言われますが
私は別にブログをかくのが趣味というわけではないです。
「好きなことで、生きていく…わけないやんアホか。」




そんな感じで今日はおわり!
ではではー


▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<