こんにちは、渡辺まみです。
先日バリでルアックコーヒーを飲んできました。

ルアックコーヒーの値段は東京だと1杯7000円するところもあって(リッツカールトン)、
しかもとっても希少な世界一高いコーヒーだそうです。

なんでそんな高いの?というと、
ルアックコーヒーはジャコウネコという動物のウ◯チなのです。

f595369ac843e970a17dd705a5254f8a_s

まじか…
世界一高いコーヒーってウ◯チなの!?

衝撃を受け、せっかくなのでチャレンジしてきました。

〜ルアックコーヒーができるまで〜


1.ジャコウネコにコーヒー豆食べさせる
2.ウ◯チとして、コーヒー豆の美味しいところだけが出てくる
3.ウ◯チを洗ってコーヒーにして飲む

やばくないですか。
とんでもないコーヒーだなと、
さぞかしキワモノ系の味なんだろーなと思ってました。


が!!!

飲んでみたら、
めちゃ美味しい!


後味にへんな苦味がなくて、
スッキリした味です。

バリの他のコーヒーとも飲み比べましたが、
ルアックコーヒーがずば抜けて好きでした!

すごいなー。
キワモノ系だと思い込んで舐めてましたが、普通に美味しいコーヒーでした。

バリでのルアックコーヒーの値段は?


東京価格では最低1杯1000円〜7000円のルアックコーヒーも、
バリでの値段はお土産用のを買えば1杯260円くらい。

50g144050ルピア(1300円くらい)でスーパーに売ってます。

img_6136

img_6137

茶色いパッケージの方がベーシックなルアックコーヒーのようです。
美味しさに感動して買ってしまいました。

ルアックコーヒーの飲み方、入れ方


img_6135

・コーヒー豆そのまま
・フィルタータイプ
・水で溶かすパウダータイプ

の3種類があります。

お土産で買っていくなら、
よほどのコーヒー通でない限りはフィルタータイプが楽かなと思います。

粉のルアックコーヒーをもらった場合の飲み方は、
大さじ2杯くらい(10gくらい)の粉をマグカップに入れて、
お湯を注ぐだけですよ。

粉は溶けないので、粉が下に沈むのを待ってから飲みましょう。


ちなみに私の友人はいつもコーヒーは
ミルクとお砂糖で飲んでいるのですが、
ルアックコーヒーだけはブラックでも美味しい!と感動してました。


私は普段からブラックです。

超コーヒーマニアというほど詳しくはない私でも、
ルアックコーヒーは他のコーヒーと比べても際立って美味しく感じました。


ジャコウネコの…ということで、
全然期待していなかったのに、
期待を軽く超えてきたのでバリに行ったらぜひ買ってみて欲しいですね。


東京のルアックコーヒーが高い理由


8287028cbc19fa49d4eeb5dfe9c26764_s

バリなら価格は安いものの、
東京のルアックコーヒーはバカ高いです。

高い理由は美味しいから、というのもありますが、
それ以上に希少性がめちゃめちゃ高いのです。

ジャコウネコにコーヒー豆を食べさせて、
お腹で処理してフンとして出してもらわないといけないので、
すごく手間がかかってるんですね。

ジャコウネコはもともとコーヒー以外にも食べるので、
ジャコウネコにコーヒー豆ばっかり食べさせるわけにもいかず、
ドカドカ大量生産できないようです。


中には劣悪な環境で
コーヒー豆ばっかりジャコウネコに食べさせて
無理やりルアックコーヒーを生産してる環境もあるようです。。
安物には注意です。


ルアックコーヒーの通販


日本でも通販で買えば1杯400〜500円くらいで飲めます。
バリの倍くらいですね。



コーヒーマニアの方に感想を聞いてみたいなぁ。


少なくとも普通にコーヒー好きレベルの私からしたら、
めちゃ美味しくてまた飲みたい!と思えました。


コーヒー嫌いで飲めない。
という方も、
このコーヒーからチャレンジしたら良さげです。

飲めるようになるかも。


ルアックコーヒーは、
ビンタン・スーパーマーケットに行けば買えますよ。
ショッピング楽しめてお土産も一通り揃う、楽しい場所です。
→バリ島のビンタン・スーパーマーケットでショッピング。楽しすぎた件。


ちなみに世界一高いお茶は…


大紅袍 100g

世界一高いコーヒーを飲んだので、
次は世界一高いお茶を飲んでみたいなぁ。


と思って調べたら、
世界一高いお茶は100g1400万円するらしいです。

1杯3gとしても42万円。


ひええええ


世界一高いコーヒーとはケタが違うな。


なぜこんな高いのかというと
これも希少だからだそうで。


世界に4本しかない、
中国の樹齢300年以上の茶木からしかとれないそうです。


この木、なにがすごいって、
岩から生えているらしい。


岩から木って生えるんだ!と、
まずそこから驚きましたね。


で、なぜ美味しいかというと、
岩から生えてるがゆえに、葉っぱにめちゃめちゃ栄養があるのです。


なぜか?


普通、木って、土に生えて、
根っこから栄養を吸収しますよね。


けど、世界一高いお茶の大紅袍は岩から生えます。


岩は土とは違って、栄養があまりありません。
なので根っこからは栄養が吸い取りにくい。


ゆえに、根っこじゃなくて、
葉っぱから水分や栄養を吸収しようとして、
葉っぱが肉厚になり、旨みが増したらしいですよ。


この木があまりに貴重なので、
市は木に約13億円の保険をかけているらしいです。

木に保険とか考えたこともなかったです…

すごいな。
見てみたいな。
飲んでみたいなぁ。


けど1400万円かー…
と思って調べていたら、


あれ?
めちゃAmazonで安く売ってる。



3000円だと!!
偽物かな?

とも思ったのですが、
世界に4本の木の、子供の木や孫の木からとったものが流通してるらしくて、
それなら安く買えるそうです。


うおお飲んでみたい。
今度は世界一高いお茶”大紅袍”を飲んでみて、
また記事を書こうかなと思います!


世界一高いルアックコーヒーもそうですが、
こういった未知の味に挑戦するのは私は大好きです。


この記事でも
私にとっての未知だったフルーツに挑戦しました。
バリで絶対食べて欲しいフルーツ。雨季は果物が美味しくておすすめ

マンゴスチンという果物が美味しいと知りました。


これって、経験してみないと分からないことで、
日本だけにいたらリンゴやバナナしか知らずに死んでいたかもしれないのです。


それってすごくもったいないなーと思っていて。
どうせ一度きりの人生なら、
色んな味を知りたいなと思います。


これは味だけじゃなくて、
歴史だったり、テクノロジーだったり、
世の中にはまだまだ私のちっぽけな発想力では想像もつかないような未知の世界が広がってるんですよね。


たった100年あるかないかの人生では
すべてには触れられないかもしれないけれど、
出来るだけ手を伸ばして体験してみたいです。


そのためには、
お金も時間も膨大に必要です。


例えば、
世界一高いお茶を手に入れるには膨大なお金もいるだろうし、
お茶を求めて旅に出る時間もいるでしょう。


経験価値を手に入れるには、
お金、時間、知識、人脈などなどのリソースがやはり必要です。


そして現状の私のリソースでは、
触れられる世界の範囲はたかが知れています。


ですが、
もっと知識をつけて、
リソースを蓄えていけば、
タッチできる世界も広がっていく。


確かに、2年前起業をしてみてから、
私の世界はかなり広がりました。


ビジネスの仕組みを作ったことで、
いつでも、どこにいても、銀行口座に一定のお金が入ってくるようになり、
20代で毎日働く必要がなくなりました。

それにより、
好きな時に好きな場所へふらりと出かける時間を手に入れました。


もしも起業をしていなければ、
毎日せわしなく会社に出勤をし、
今回のようにきままにバリに出かけることも難しかったでしょう。


それもこれも、
脳みそをひたすら鍛えて、
働かなくてもいつでもお金を生み出せるだけの力をつけたからこそです。


知識があれば、
自由を手にすることができ、

その自由により、
未知の世界にアクセスできる範囲が広がるんだなと感じています。


でもまだまだ私の持ってる知識では、
手の届かない世界がたーくさんあるんですよね。
世界一高いお茶のように。


だからこそ、
もっと面白い世界を知るためにもレベルアップして、
色んな世界にアクセスできる脳みそを手に入れたいなと思います。


わくわくしてきたなー。
世界は広いんだぞ!ってことをを再確認させてくれた、
ルアックコーヒーでした。



起業して衝撃を受けた出来事の1つです。
→年収1億円の世界を見てきた。大学では絶対に出会えない経営者との会話


私が慶應在学中、就職の道を捨てて起業、今に至るまでの物語です。
Amazonで1000円で発売中ですが、キャンペーンで無料プレゼントしてます。

→『21歳女子大生の起業物語〜資金ゼロ、才能ゼロでも月収100万円〜』





▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<