どうもこんばんは。
今日ずっとうちでプロデュースしているライターさんたちと
話をしていて、
改めて「質問力」って経営においてはずせないわと思ったので記事にします。

いやほんとに、
聞く力、もっといえば質問力があれば
どんな人と絡んだって
困ることないです。

まじで
他業界の人とだろうと彼氏とだろうと
もっといえばブラジル人とだって
質問力さえちゃんと持ってれば
コミュニケーションできる。

それくらい人を巻き込めるパワー持ってるのが
人に質問する能力だーということで、


もっと因数分解するとですね、

・相手に質問しろ
・もしも〜(if)のかたちで質問しろ
・「つまり」か「例えば」で掘り下げろ

この3つを守るのが質問力の肝。
どんな人からも「この人に付いて行きたい!一緒に仕事したい」と思われる人っているじゃないですか、平たく言えば人望がある人。

もっといえばリーダータイプの人。

こーいう、
何故か人が集まってくる人っていうのは
ほんとうにこの3つをちゃんと守っているなと。

とにかくまずは、
相手に質問しろ。
これしないとはじまらない。

次に、もしーだったらどう思う?
たとえばもし100万円あったらどう思う?とか聞いてみる。

これは、いいですよ。

相手の本質が見えるし、
なにより話が盛り上がります。

思い返せば修学旅行の夜にもりあがるのは決まって
・もし彼氏にするならだれにする?
っていうもしも話だったし、

女子会で話題になるのは
・絶対付き合いたくないのってこんな男だよねー
みたいなやつ。

これも仮定のおはなしなので「もしもの話」ですよね。

という感じで、とにかく盛り上がるんです。
もしもの話をきくと。

そうすると、楽しい。
会話が楽しくなる。

あたりまえですが、
楽しいと人はもっとこの人と話がしたいと思うし、
この人のためにがんばろう!とさえ思う。

これが人を引き寄せる力、
言い換えればコミットさせる力です。

質問しただけで、
人が集まってくる。
不思議なようで考えてみればそりゃそうなんですよね。

さらに、
こういうもしもの話を盛り上げるのが、
「え、つまりそれってどういうこと?」
「例えばどんなこと?」

というワード。

これは
抽象と具体を操作しているにすぎないんですが、
超盛り上がりますよ。

という感じでですね、
うまく質問できれば、
この人といっしょにいたい!と思われ
さらには一緒に仕事したい!この人のために頑張れる!とまで思われる、

お気づきのように、
ビジネスだけでなく
恋愛でやったらもう超もてますから。

世の中で質問力があるオトコはほんまに少ないので
女子からしたら「うわぁ、この人は違うわ!面白い人―!!」ってなりますから。
聞いてるだけなのに。

話すだけならだれでも出来て、
いかに質問できるか?のほうがむしろ大事なんですよね。

ではではー


質問力についてもっと分かりやすく、生音声動画で解説!
質問力が最重要スキルである理由


ビジネス以外でも使えちゃう
ビジネステクニックなら
本音の人ほど好かれる…という皮肉


▽初出版記念!電子書籍の無料プレゼントキャンペーンはこちら



>>>詳細はこちらをクリック<<<