アフィリエイトで稼げない人がアクセス集めを頑張りすぎな件について

こんにちは、渡辺まみです。
私は21歳でアフィリエイトなどのネットビジネスを開始して、
大学在学中に月収100万円を達成しました。

ときどき、メルマガの読者さんから、
「アフィリエイトを3年やってきましたが稼げないんです」
などというメールが寄せられます。

アフィリエイトで稼げない人に、
なぜ稼げないんでしょう?と聞いてみると、
まだアクセスがなくて…などと答える人は多いです。

けれどその答えを聞くたびに、
そこじゃないんだけどなぁ。という気分になります。
アクセスが少なくてもアフィリエイトで稼ぐことはできるのにね。


アフィリエイトで稼げない理由

前提として、
アフィリエイトで稼ぐには、
・客数(アクセス)を増やす
・成約率を上げる
・単価を上げる

この3つしかありません。


逆に今アフィリエイトで稼げない人は、
・客数(アクセス)が少ない
・成約率が低い
・単価が低い

このどれかです。

このどれか1つさえ、改善すれば、
アフィリエイトの収入はアップする。ということです。


ということは…

たとえアクセスが少なくても、
成約率や単価が高ければ、
稼ぐことはできる。ということでもあります。


そしてもっといえば、
多くの場合。

アクセスを集めようと頑張るよりも、
成約率を上げる方が、
手っ取り早く利益をアップできたりするのです。

にも関わらず、
なぜかアクセスばかり気にしている人が多いんだよなぁ。


あえて分かりやすく例えるなら、
・おブスで、おデブで、可愛げがなく、コミュ障で、魅力のない女性
・美女で、スタイル抜群で、愛嬌があり、コミュ力もあり、魅力的な女性
この2人がいたとして、


魅力のない女性が10000人の男性に会っても、
デートにまでもっていける人数はおそらく超少ないと思われます。

が、
魅力のある女性なら100人の男性に会うだけで、
おそらく魅力ない女性よりも遥かに多くの男性と
デートにまでこぎつけられるでしょう。


分かりやすいように極端な例を出しましたが、
ビジネスでも同じです。


・100万PVあっても記事の魅力がなければ全く売れません。
・1万PVしかなくても、記事が魅力的ならバンバン売れます。


大事なのは成約率です。

アフィリエイトの成約率が高ければ、
少ないアクセスに対しても高い利益を得られるので、
多くのPVを集める必要はなくなるんですね。


記事を大量に量産しなくても、
少ない記事数でもザクザクと利益を上げられるのです。


だからこそ、
アフィリエイトで稼げない人が、
「アクセスが少ないんですよね」

といっていると、

アクセスそのままでも、
成約率上げるだけで稼げるだろうになぁ。。
と、もったいない気分になります。



アクセスも確かに必要ですが、
それより真っ先に取り組むべきは成約率です。


私がかつて教えていた方は、
アクセスがまだ1日に20PVくらいの段階で、
1件の報酬が1000円くらいの成約を取っていました。


たった20PVで、ですよ。

アフィリエイトやってる方なら、
20PVで?いや、ありえないよ。と思うかもしれません。


が、成約率を高めていけば、
そのようなことも起こりうる。ということです。



私のネットビジネスの師も、
鬼のような成約率を叩き出します。


おかげで、
私は最初からそのような基準だったため、
アフィリエイトを始めた21歳の頃から、
成約率を高めるために知識に投資しまくりました。


その結果、
今はメール1通送ったら600万円以上売れることもあります。


私の周りではこういった数字は特に驚かれません。
普通であり、日常なのです。


とはいっても、
私はもとから文章がうまかったわけではなくて、
むしろ大の苦手でした。


私は小学校の頃は、
読書感想文1枚埋めるのすら、ヒィヒィ言ってましたね。


そのような状態でも、
成約率を上げるための文章の型を学んだことで、
スラスラと文章を書けるようになりました。

成約率の高い文章というのはどんな文章か?といえば、

顧客の心を撃ち抜き、
これまで欲しいと思っていなかった人でも、
頼むから売って下さい!と懇願されるような文章。


これが、売れる文章であり、
目指すべきゴールです。


無目的に文章を書いている人がしばしば見受けられますが
このような文章をかければ、
アフィリエイトで稼ぐことができる。
という事実を知るだけでも、見える世界は大きく変わってくるはずです。


私は情報商材のアフィリエイトをする時は、
特典をつけることもあるのですが、
すでに商品を持っている人からも、
「特典だけ売って下さい!」と頼まれたことも一度や二度ではありません。


そのような文章を書くことは、
型さえわかっていれば難しいものではないんですけどね。


ただ、正しい文章の型を教えてくれる人は少ないので、
皆、成約率を伸ばすには限界がある。と思い込んでしまうわけです。

そしてアクセス集めに奔走する。


文章という武器を手にしたことで、
私は本当の意味での安定を手に入れました。

アフィリエイトで稼げないと
わあわあ嘆くことはもう一生ないでしょう。


大事なことなので繰り返しますが、
アフィリエイトで稼げないということは、
アクセスが足りないのではなく、
文章の型を間違えて教えられてしまっている可能性が高いです。


本人にしたら、
学んだと思い込んでいても、
講師がロクでもなかった。というケースも見てきました。

そういった人は、
真面目で努力家にもかかわらず、
遠回りをしてしまっていたりするのです。


そして諦めてしまうのですが、
実に惜しいなぁと感じます。


そういう方こそ、
ほんのすこしコツを教えてあげるだけで、
売上が跳ねる潜在力を持っているんですよね。


岩にぶつかりそうな船も、
ちょっと進行方向を変えてあげるだけで、
岩をよけて目的地へたどり着くことができます。


私のメルマガYou Tubeでも
アフィリエイトの文章術について話をしています。

アフィリエイターの方からも
愛読いただき、感謝のメッセージをいただけるようになって、
嬉しい限りですね。


ちなみに、成約率のほかに、
単価を上げる方法もあるのですが、
成約率を上げれば単価にもつながるので今日は省略しました。



私が慶應在学中、就職の道を捨てて起業、今に至るまでの物語です。
Amazonで1000円で発売中ですが、キャンペーンで無料プレゼントしてます。
→『21歳女子大生の起業物語〜資金ゼロ、才能ゼロでも月収100万円〜』を0円で今すぐ読む


外注さんを雇って効率化したことで、私は大学に通いながらも月収100万円を達成することができました。
私が初めて外注化した時のお話です。
→人を雇ったら3000円が30万円に化けた!!21歳の外注化物語。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は21歳で起業をして、
大学在学中に月収100万円を達成しました。
ないない尽くしの起業です。

当時大学生だったのでお金もなければ、
社会経験すらありませんでした。

普通のサラリーマン家庭に生まれ育ったので、
特別なコネもありません。

おまけに人見知りな性格で、
リーダーシップのかけらもない、
コミュ力の低いただの女子大生でした。

そんな何もなかった私にも、
チャンスを与えてくれたのがネットビジネスの世界でした。

自力で事業を回せるようになったことで、
自信が湧いてきたせいか、
昔の友人には性格まで明るく変わったねと言われました。
事業が私を育ててくれたのです。

そんな私の起業物語が本になりました。

Amazonで1000円で販売中ですが、
ブログの読者さんには無料でプレゼントしています。
お手にとっていただければ嬉しいです。

▽下の画像をクリックして書籍をダウンロードできます。
→クリックして詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です